【詳細】他の写真はこちら

旅行やアウトドアアクティビティなど、楽しみとしてのおでかけから、出張やモバイルワークなど、仕事としてのおでかけまで、さまざまな外出をより楽しく、より快適にしてくれるおでかけアイテムたち。クルマやモバイルギア、ウェアラブルなどといった定番モノだけでなく、「え? こんなものが!?」という驚きのアイテムまでを全10ジャンルでピックアップ!! 今回はアウトドア用品です。ハイテク化、デジタル化はアウトドア用品の常識を変えた。アウトドアの厳しさ、辛さを軽減してくれる最新ギアを装備すれば、楽しさだけを満喫できる!!

これがアウトドアで快適に過ごすためのマスト!



春から夏にかけてのシーズンは、海や山、川へと積極的にアウトドアアクティビティにでかける人が増える時期。そんなときに機能性に優れたアウトドアアイテムがあると、同行した友人たちに「何それ!? いいなぁ」と一目置かれるはず。

ウェアでいえばパタゴニアが新たに開発した『クラウド・リッジ・ジャケット』は、日本の山から着想を得て作られた、多雨で高温多湿な環境でも快適に過ごせるアウトドアジャケット。山で天候が急変するのは常だが、そんなときも安心してアクティビティを継続できる。

シューズではメレルからリリースされた『MOAB』の日本限定カラーがイイ。防水透湿性に優れたゴアテックスを使用した本格派スペックを採用しながらネイビーとグレーの単色使いにより、アウトドアシーンだけでなく街でもスタイリッシュに履きこなすことが可能。長雨が続く梅雨時期にも最適な1足だ。そのほかにもアウトドアウォッチや保温ボトル、多目的サンダルなど、機能性に優れたアウトドアアイテムを取り入れることで、アクトドアライフはいままで以上に楽しくなるはず。

オススメ 1

日本の山から着想を得た雨のためのウェア!



パタゴニア

クラウド・リッジ・ジャケット

実勢価格:3万2400円

日本の気候や環境、アウトドアマンズのフィードバックを徹底的に取り入れることで完成した雨の日でも快適な着心地を提供してくれる高機能レインジャケット。本当に快適な着心地で、このジャケットがあれば雨の日のアクトドアアクティビティが楽しみになるかも?

【ここに注目!】



▲防水透湿性に優れた3層構造がこのジャケットの売り。柔軟な素材は肌さわりがよく、高温多湿の日本の気候でもべたつきが少なく、快適な着心地ですね。

オススメ 2

アウトドアから街まであらゆるシーンで活躍!



メレル

MOAB FST GORE-TEX JAPAN EDITION

実勢価格:1万8144円

メレルが今春日本発信プロダクトとして発表したアウトドアシューズは、シルバー、ネイビーといったシンプルなカラーを採用することで、アウトドアシーンだけでなく、ストリートでもその高い防水透湿性能を発揮することが可能となっている。

【ここが注目!】



▲いかにもアウトドアな色目だと着用機会が限定されますが、こんなカラーリングなら街でも履けますよね!

オススメ 3

充実のナビ機能を活用してアウトドアを遊びつくせ!



スント

SUUNTO RAVERSE

実勢価格:6万2640円

【SPEC】ケース素材:ステンレス、ケース径:50mm、バッテリー駆動時間:最大約100時間

トラバースは充実のGPSナビ機能を搭載したスントのアウトドアウォッチの代表作。アウトドアシーンにおいて本当に頼りになる存在で、天気の傾向を予測し、ストームアラームが避難の必要性を教えてくれるという機能も搭載している。

【ここに注目!】



▲スントならではの視認性の高さはこのモデルでも健在。発色の良いベルトは絶妙なカラーアクセントですね。

オススメ 4

約20年ぶりに復活した歴史的なマスターピース!



Teva

ALP

実勢価格:8424円

’90年代にヒットしたTevaの隠れた名品が約20年ぶりに復活。ALPは山やビーチ、ストリートといったあらゆるシーンにマッチするスポーツサンダルで、フィット性を始めとしたその高い機能性は現代でも十分に通用する。

オススメ 5

ハワイで大ブレーク中のニューカマーブランド!



Hydro Flask

18 oz Standard Mouth

実勢価格:4320円

オレゴン生まれ、ハワイでブレーク中のボトルブランドのハイドロフラスク。冷たい飲み物は24時間、温かい飲み物は6時間という優れた保冷保温機能に加え、豊富なサイズとカラーバリエーションで展開されるのが人気の秘密。

文/南井正弘

※『デジモノステーション』2017年7月号より抜粋