がん新時代「見つけ方&治し方」超入門

写真拡大

がんはもう不治の病ではなく、2人に1人がかかる国民病。しかも10年後の生存率は6割に迫る。そんな時代のがん検診、がん治療を紹介しよう。

■がんは「慢性疾患」不治の病ではない!

全がんの全病期(I〜IV期)をまとめた10年生存率は58.2%。2016年1月、国立がん研究センターなど専門施設で組織する「全国がん(成人病)センター協議会」から、がんの10年生存率が公表された。追跡対象者が診断・治療を受けた時期は今から15年近く前の1999〜2002年で、がん医療が進歩した現在なら、さらに長期の生存が見込めると思われる。

ところが、14年11月に内閣府が行った「がん対策に関する世論調査」では、全がんの5年生存率がすでに50%を超えていることすら、4人に3人が知らなかった。

「いまだに『がん=不治の病』というイメージが根強いのだな、と驚きましたね。しかも現代人の2人に1人ががんを発症すると知っているのは、回答者の4分の1でした」

国立がん研究センターがん対策情報センター長の若尾文彦氏は、今回のデータ公表で「がんは非常に珍しい、致命的な病気」という誤った認識が変わることを期待している。本人や周囲の誤解が、がん検診の忌避や診断後の社会生活に悪影響しかねないからだ。

事実、がんと診断された後に退職に追い込まれた例や、早まって「治療に専念するために仕事を辞めてきた」という例は後を絶たない。

しかし、今回明らかになったように、がんの多くは早期診断と適切な治療によって10年以上の生存が期待できる、いわば「慢性疾患」だ。

死亡者数が多い5大がん(胃・肺・大腸・肝・乳)のうち、乳がんの10年生存率は80.4%、大腸がんは69.8%に達する。III期の進行がんでも53.8%(乳がん)、69.6%(大腸がん)と比較的高く、I期の早期発見なら、ともに9割以上が治る公算だ。がん発症以降の人生は予想外に長い。

ただ、難治がんは今も存在する。任天堂前社長の岩田聡氏や女優の川島なお美さんを襲った胆管がんを含む胆のう・胆道がんの10年生存率は19.7%。難治がんの代表である膵がんは4.9%にすぎない。

「がんの生存率を左右する要因は、3つあります。1つはがんの性質の違いです。悪性度が高く進行が速いがんは総じて生存率が悪い。2つ目は、早期に発見できる診断技術が確立されているか。3つ目は当然ですが、そのがんに対する有効な治療法(手術、放射線、抗がん剤など)が確立されているか、ということです」(若尾氏)

胆管がんは管の壁に沿って発育するため、また膵臓は身体の奥深くに位置しているため、一般的な画像検査では早期発見が難しい。たとえば、新たに診断される膵がんの7割はIV期の進行がんだ。進行スピードも大腸がんに比べると段違いに速い。

したがって、手術で十分に取り切れる段階で見つけるのは困難だが、最後の砦の治療については手術療法が確立されている。また、一時は暗黒大陸とまで言われた切除不能な膵がんに対しても、有効な抗がん剤が出てきている。

2016年1月からの「5年生存率」が明らかになるのは22年。そのころには光明を見いだす事実が公表されることを期待したい。

■治療したために障害が起きることも

一方「進行が遅く、早期発見が可能な検査法がある」がんの代表は前立腺がんだ。全病期の10年生存率は84.4%。進行がんでも手術が可能であった症例を抜き出すと、10年生存率は100%に達する。

果たして、この中の何%が本当に治療を必要とする「悪性度の高いがん」だったのか疑問が残る。進行が遅い超低リスクの前立腺がんは、治療しようがすまいが、10年生存率は変わらない可能性があるからだ。むしろ、治療したゆえに性機能不全や排尿障害という不利益を抱えかねない。

欧米では低リスクの前立腺がんについて、血液検査やMRI検査を参考に経過観察を行い、がんがうごめき出したら即、治療を開始する「積極的監視法」がスタンダード。若尾氏がいう。

「早期発見・治療は基本ですが、早期発見による死亡率減少効果が認められず、治療による不利益が利益を上回る場合は、慎重な対応が必要です」(若尾氏)

■5年間無事なら一安心

大腸がんは、好生存率の3要素、「進行が遅い、早期発見できる検査法がある、治療法が確立している」をすべて満たすがんだ。全病期の10年生存率は約7割、がん細胞が腸管粘膜とその下の筋層内にとどまるI期では96.8%と、ほぼ100%に近い。

となると、大腸がんとの付き合い方の大原則は一にも二にも「早期発見・治療」。住民検診や職場検診で「要精密検査」の文字が戻ってきても動揺せずに、速やかに2次検査を受けよう。

2次検査で大腸がんと診断された後は、病期によって治療法が変わる。

がん細胞が粘膜組織内でおとなしくしている段階では、お尻から内視鏡を入れてがん病変を切り取り、治療は“仮”に完了。翌日から普段通りの生活ができる。切り取った組織は病理検査に回され、断端(だんたん)――切片の外周部にがん細胞がないか確認される。一番外側から5ミリ以内にがん細胞がなければ“本”完了だ。仕事に支障を来すこともない。

断端から5ミリ以内にがん細胞が見つかった場合、粘膜層のさらに下までがん細胞が広がり転移の可能性がある。病変を切り取る開腹手術か腹腔鏡切除術の適応だ。

さらに手術で切り取ったリンパ節からがん細胞が見つかると「リンパ節転移あり」の病期III。再発予防を目的に術後の半年間は抗がん剤治療が行われる。リンパ節転移がない病期IIでも再発率は約13%。病期IIIの約30%より低いが、侮れない。術後の抗がん剤治療が必要か、主治医とよく話し合うべきポイントだろう。

抗がん剤治療が一段落すると、再発を監視する定期検査が始まる。再発の約80%は術後3年以内に、95%以上は5年以内に見つかる。術後3年間は3カ月ごとに1回、4〜5年目までは半年に1回の検査が必要だ。

大腸がんの5年生存率と10年生存率は、ともに約7割。ほとんど変わらない。5年が無事に過ぎれば、まずは一安心だ。

乳がんも「進行が遅く、検査法と治療法が確立している」がんだ。乳房X線(マンモグラフィ)や超音波検査で「要精密検査」が出た場合は細胞診や組織診を行い、CTでがんの性質や広がり度を確認。そのうえで、手術や放射線治療による局所療法と抗がん剤やホルモン製剤、分子標的薬を使った全身療法を組み合わせた治療方針が決まる。

方針決定まで1、2カ月かかるため、手遅れにならないかと不安に駆られるかもしれないが、乳がんの性質は多種多様。Aさんに効果的だった治療法がBさんにも効くとは限らない。むしろ、急がば回れの精神で最適な治療法を選ぶほうが好結果につながる。

■生存率高いが長い付き合いに

病期I〜III期は、乳房切除術(+再建術)の後に、外来で抗がん剤やホルモン製剤による再発予防治療が行われる。乳がんの10年生存率は80.4%と悪くない。ただ、乳がん細胞の一部は10年、20年という長い休眠期間を経て再発することが知られている。

このため、初期治療が終了してから3年間は3カ月から半年に1回、5年目以降は毎年1回を目処に、少なくとも10年間は定期検診が必要だ。

乳がんの種類によっては、5年、10年とホルモン製剤を飲み続けることで、再発・死亡リスクが低減されることもわかってきた。

乳がんの「その後」は非常に長い。再発の不安に一喜一憂して憂鬱になることもあるだろう。できる限り、病院や地域の患者・家族会に参加し、悩みや不安を分かち合うことが大切だ。

肺がんは早期発見が難しく、10年生存率は33.2%と平均を下回る。

がん塊が原発巣(最初に発生した部位)にとどまるI期は69.3%だが、リンパ節転移を認めるII期は31.4%と転移の有無が長期生存の分水嶺だ。

同様に10年生存率が低いのが肝がんだ。肝がんの9割はB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)感染が原因。特にHCV感染者の約7割は慢性肝炎へ進行し、そのうちの3割が肝硬変、さらに肝がんを発症する。健康診断でHBV、HCV感染が判明すると定期検査を強く勧められるのはこのためだ。

高リスク者を囲い込む体制がある一方、肝がんの10年生存率は15.3%と低く、5年目以降も生存曲線が下がり続ける。

「肝がんの場合、治療後も発がん母胎の肝硬変が残り発がんスイッチを完全に断ち切ることはできません。一般に治癒の目安とされる5年を過ぎても高率で新たながんが生じます。肝硬変や消化管出血による死亡も少なくない」

国立がん研究センター中央病院肝胆膵外科長の島田和明氏は、肝がんの特殊性を指摘する。

膵がんの10年生存率は4.9%。今回公表されたがん種のなかで唯一、1割を切った。ただ2年、3年を目安としてきた膵がんで10年生存率が報告されたこと自体が画期的といえる。

膵がん切除術は侵襲が大きく高難度の手術だ。日本肝胆膵外科学会は、年間一定数以上の高難度手術を実施している施設を修練施設とし、そこで経験を積んだ医師を「高度技能専門医」と認定。安全性の向上に努めている。

安全性が高まることで、術前に抗がん剤を投与し、がんを小さくしてから切る「術前化学療法」の可能性も開けてきた。

「告知を受けた患者さんにはこう話すようにしています。手術が受けられるなら頑張って手術を受けましょう。そして無事に退院することを目指しましょう。病理検査で病期がわかったら、再発予防のための抗がん剤をやるかどうかを検討しましょう。それから3、4カ月に1回、2年間はCT検査でフォローしましょう――。一人ひとりの患者さんにとっては非常に長い道のりです。その積み重ねが5年、10年につながっていく」(島田氏)

膵がんは難治がん。だが合併症を減らす努力を続ける医療者と患者の思いが、一歩ずつ医療を進化させている。

----------

若尾文彦(わかお・ふみひこ)
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター長。1961年生まれ。86年横浜市立大学医学部卒業。2012年より現職。
 
島田和明(しまだ・かずあき)
国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院副院長(診療担当)・肝胆膵外科長。1956年東京都生まれ。京都府立医科大学卒業。
 

----------

(医療ジャーナリスト 井手 ゆきえ 撮影=大杉和広、的野弘路)