20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で派遣社員として働いている中田悠子さん(仮名・35歳)。茶髪のセミロングに、女性らしいシフォン素材の白のシャツがよく似合っています。全体的にぽっちゃりとしており、丸みのあるフォルムがさらに女性らしさを演出しています。話し方もややおっとりしており、おしとやかな印象を受けるので、万人の男性に受けそうです。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親との3人家族です。父親は仕事人間で、小さい頃は年に数回しか長い時間一緒にいられませんでしたね。でもその分母親が専業主婦で常に一緒にいてくれたので、そこまで寂しかったという記憶は残っていません。私は両親が30歳後半でできた子だったので、今でこそ遅い感じはしませんが当時は相当遅くにできた子供でした。だからなのか、両親とも私に甘かった気がします。進路や、やりたいことなどを相談すれば反対されることはなかったですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。2年に上がる直前に中退した元クラスメイトの男の子です。その子はとにかく顔がカッコよかったので、モテモテでした。素行が悪かったというより、学校に行くのが面倒くさくなったという理由で中退してしまいました。彼とは中退してからも連絡を取っていたんです。でもそれは、友達の好きな人だったからでした。その友達に協力してのことだったんですが、どんどんその男の子と仲良くなってしまって、彼は私の友達のことをまったく好きじゃなかったのでいいかなっと思ってしまって……。そこまで彼のことは好きじゃなかったけど、そんなモテモテの彼に気に入ってもらえたのが嬉しくて、何度か隠れて2人で出かけて彼からの告白で付き合うことになりました。彼の彼女になったことですれ違う時に『ブス』とか暴言を吐かれることもありましたが、しばらく経つと彼は学校にいない過去の人だったのでやっかみは無くなりました。もちろん彼のことを好きだった友達とは、疎遠になりましたね……。でも彼女はあまり女子ウケするタイプじゃなくて、私のほうが女友達が多かったので、何の問題もなかったです」

顔は好きだけど、だんだん肩書が恥ずかしくなる……

その後、地元の短大へ進学。彼との付き合いに変化していったといいます。

「彼との付き合いは、高校を卒業した後も続きました。短大に進学して、新しい友達に彼を紹介する時に、顔はカッコいいので写真は見せられるんですが、どうしても中卒で働いているとは言えませんでした。周りの友達は進学校の彼や、社会人の彼もいて、すごく羨ましくなってしまったのと同時に、中卒でアルバイトをしている彼がとても恥ずかしくなってしまって……。そこから彼との付き合いは、私が不平不満を口にするようになってケンカが増えました。もちろん、中卒のことを不満として口に出してはいません。大学に行ってほしくて、大検を受けさせたこともありました。自分からしたいといった勉強じゃなかったので、結果はダメだったんですが……。どんどん彼の前でかわいい態度を取れなくなり、高校を卒業して1年も経たない時に別れてしまいましたね……」

彼と別れた後、バイト先で少しだけ気になる男性ができたそうですが……。

「バイト先で仲良くなった2歳上の男性がいました。彼はちっともカッコよくなかったけど、前の彼で顔だけの男は嫌だったので、いい大学に通っている彼の肩書は魅力的でした。でもその彼は、私の高校からの友達の好きな人だったんです。彼女は高校時代特に仲が良かった子で、お互い進学先は違ったんですがアルバイト先を合わせたんです。そのくらい仲が良かったんですけど、男性が絡むと女友達の仲なんて一瞬で無くなりますね……。彼と仲良さそうに話す私をあからさまに敵視するようになり、徐々に疎遠になっていきました。彼女との接点は、バイト先での事務的な会話だけになっていきました。彼女に敵視されるまではそこまで彼のことは好きじゃなかったんですけど、彼女の態度にだんだん腹が立ってきて、彼をとってやろうと思いました。そして、彼と隠れて2人でバイト帰りに会ったりしているうちに、彼が告白してくれて付き合うことになりました。でも彼との付き合いは、気持ちが付いていかない部分がたくさんあったんですよ……」

高校時代に人気者の彼を手に入れたことで女子からやっかみを受けていた悠子さんを助けてくれたのは、同じバイト先の彼を好きになった友達でしたが……。

大切な友達を無くしてまで手に入れた彼。好きだったけど、大好きではなかった……。そんな気持ちで付き合った彼との恋愛は、大きな代償がありました。〜その2〜に続きます。