今日6月10日(土)は路面電車の日。


© monois Inc.

自分の好きなように配置したレールの上で電車を走らせることができるゲーム『ツクレール』。

分岐させたり立体交差を作ったりと、レール配置の仕方は自由自在!
さらに、レールの周りに家・ビル・木なども好きなだけ配置でき、自由度の高さがハンパないんです。

自分が配置したレールの上を運転手目線で走ったり、電車が走る様子を上から眺めたりと、楽しみ方は無限大。
特に、複数の電車の運行がうまく噛み合った時の達成感は計り知れません。

路面電車の日である今日、『ツクレール』で遊んでみませんか?
子どもも大人も夢中になれること間違いなしですよ!

自分が配置したレールの上を電車が走る快感、ハンパない。

『ツクレール』を起動したら、真ん中の黄色いボタンをタップしてゲームスタート!

【レイアウト】から好きなマップを選びましょう。
フリーマップで1から自由にレールを配置するもよし、すでにレールが配置されているマップでいきなり電車を走らせるもよし。


まずは電車を走らせてみよう

好きなマップを選択したら、さっそく電車を走らせてみましょう!

今回は「上り下り」のレールが配置されているマップを選択してみました。

まずはどれでも良いので、マップに配置されているレールをタップ。
するとメニューが現れるので【電車】をタップします。


好きな電車をタップすると、レールの上に電車が現れます。
【減らす】【増やす】ボタンで車両の数を決め、【決定】をタップしましょう。


画面右上の【出発進行】ボタンをタップすれば、電車の走行がスタート!


画面左上の【視点切替】ボタンを押すと、運転手目線で走れます。爽快感がハンパない。


画面右下にあるスティックボタンを動かすことで自由に視点変更ができ、プラスマイナスボタンを押すことでズームができます。

マップ全体を上から眺めたり、走っている電車に接近してみたりと、とにかく自分の好きな角度から自由に観察することができるんです。これ、ずっと見ていられちゃいますよ。


自分でレールを配置してみよう

電車が走る様子を見ていると、自分の好きなように配置したレールの上を走らせてみたくなりますよね。
次は、自分で自由にレールを配置してみましょう!

マップに配置されているレールの上にある青いピンをタップします。
するとピンがオレンジ色に変わり、配置可能なレールの向きを矢印で表示してくれるので、レールを配置したい方向の矢印をタップしましょう。
(※選んだピンの場所から配置できるレールがない場合、矢印は表示されません。別のピンをタップしてみましょう。)


すると、新しくレールが配置されました!

この工程を繰り返し、自由にレールを配置していきましょう。


上向きの青矢印や下向きの赤矢印をタップすると、レールの高さも変えられます。

レールの高さを変えることにより、より立体的なレール配置を実現できますよ。


綺麗にレールを配置するのは意外と難しい!

『ツクレール』の魅力にすっかりハマってしまった筆者は、「立体的に配置されたレールに複数の電車が走っている」という光景を目指して一生懸命レールを配置しました。

目指すイメージは、『ツクレール』公式が提示している以下のスクリーンショット。


参照元:ツクレール - 線路をつなぐ電車ゲーム 子供も大人も運転手気分

・・・ところが現実は残酷。調子に乗ってたくさんの電車を走らせた途端、衝突事故を起こしてしまいました。
レール配置も全体的にぐっちゃぐちゃで、まったく美しくありません。

自分のレール配置のセンスのなさに、絶望。


皆さんは綺麗にレールを配置できましたか?

簡単そうに見えますが、実際にやってみると意外と難しいんです。
この難しさ、ぜひ皆さんに体験していただきたい。

もし「俺の美しいレール配置を見てくれ!」という人がいたら、ぜひ筆者(@310ayumin)に見せてください!そしてコツを教えてください・・・!