伊原摩耶花役の小島藤子、福部里志役の岡山天音 ©2017「氷菓」製作委員会

写真拡大

実写映画『氷菓』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(2枚)】

今秋に全国公開される同作は、京都アニメーションによってテレビアニメ化もされた、米澤穂信の青春ミステリー小説『古典部』シリーズをもとにした作品。「やらなくてもいいことならやらない」をモットーにする高校1年生・折木奉太郎と、好奇心の塊のような女子生徒・千反田えるを中心とした「古典部」の面々が、33年前に発行された古典部の文集『氷菓』と学園祭に秘められた謎を探る様を描く。

これまでの発表では、抜群の推理力を誇る奉太郎役を山崎賢人、「わたし、気になります!」が口癖のえる役を広瀬アリスが演じることが明かされていた。監督と脚本は『バイロケーション』の安里麻里。

追加キャストとして発表されたのは、伊原摩耶花役の小島藤子、福部里志役の岡山天音。里志に片思いをしていることから古典部に入部する摩耶花を演じる小島は、「難しいことは考えず気持ちのままに。十代で小柄な摩耶花とは、年齢や見た目は私とは違う所ばかりですが、撮影中は『私が伊原摩耶花です』という感じで伊原摩耶花になりきり毎日演じました」とコメントしている。

「データベース」を自称する知識量を持つ飄々とした古典部のメンバー・里志役を演じる岡山は、「学生服を着る機会が少なくなってきた中で、氷菓のような青春映画の出演が決まった事はとても嬉しかったですし、制服は最後かもしれないと思いました。そして、十代の頃からずっと一緒に居た賢人と親友役として共演できる事がとてもとても嬉しかったです。監督の安里さんとも以前オーディションでお会いした事があったので、とにかくご縁を感じ、これは自分にとって特別な作品になると思いました」と同作への想いを明かしている。

■小島藤子のコメント
・オファーを受けた感想
驚きと不安が大きかったです。なにより摩耶花を私がやって大丈夫かと思いましたが、安里監督含めスタッフの方々の『氷菓』への熱い思いを知りこの作品に参加できることを光栄に思いました。

・原作小説について
青春ミステリーです。青春と付いているのでなんとなく読んでいると読み終わった後にどうしようもない気持ちになります。
曖昧で焦れったくて少しだけ十代の自分を思い出して苦い気持ちになる。それなのに色々忘れてしまった時にまた読みたくなる不思議なお話です。

・役作りについて
難しいことは考えず気持ちのままに。十代で小柄な摩耶花とは、年齢や見た目は私とは違う所ばかりですが、撮影中は「私が伊原摩耶花です」という感じで伊原摩耶花になりきり毎日演じました。

・同年代のキャストが揃った現場の雰囲気について
心地よい緊張感でお芝居も自由にできました。折木、ちーちゃん、ふくちゃんはとてもお茶目で愉快な人達です。
おかげですごく和やかな現場でした。

・完成した本編を観た感想
原作である小説の氷菓ではなく、映画として氷菓という物語がちゃんと生まれたんじゃないかなと感じました。
映画で初めて氷菓を知る方々にはこれをきっかけに原作、アニメ、漫画の氷菓にも興味を持っていただければいいなと思います。

・ファンへのメッセージ
映画を観た時に氷菓を、摩耶花をさらに好きになってもらえるように愛を込めましたので、ご覧になっていただけると嬉しいです。

■岡山天音のコメント
・オファーを受けた感想
学生服を着る機会が少なくなってきた中で、氷菓のような青春映画の出演が決まった事はとても嬉しかったですし、制服は最後かもしれないと思いました。そして、十代の頃からずっと一緒に居た賢人と親友役として共演できる事がとてもとても嬉しかったです。監督の安里さんとも以前オーディションでお会いした事があったので、とにかくご縁を感じ、これは自分にとって特別な作品になると思いました。

・原作小説について
元々気になっていた原作でしたが、出演が決まって読んで、結果、古典部シリーズのファンになってしまいました。
小さな世界で起きる大きな事件、そこに向き合う4人それぞれの対峙の仕方と関係性、古典部シリーズからしか垣間見られない世界観に夢中になって読み進めたのを覚えています。あと、里志が大好きになりました。

・役作りについて
原作も読んだ上で僕が里志に抱いた印象は、表面的にはいつも飄々とそこに居るように見えて、その奥に抱える葛藤と真剣味をもっているという二面性だったので、そこの意識を持ちつつ演じました。

・同年代のキャストが揃った現場の雰囲気について
仲が良すぎて現場ではしゃぎすぎてしまいました。その位、今回のメンバーは仲が良かったです。

・完成した本編を観た感想
台本と原作を読んだ時から感じていた事ですが、この氷菓という作品はほかのミステリー作品とは少し違い、大きな事象そのものではなくその「隙間」を縫って進み、最後に一つの巨大な到達点に至る作品だと思います。
観た人の虚を衝く一味違った作品になっていると思います。

・ファンへのメッセージ
ミステリー作品の一つではありますが、氷菓の世界でしか味わえない魅力の詰まった映画だと思います。
日常の荒波にもまれ、息継ぎもしにくい誰かの孤独に寄り添えればと思います。

■安里麻里監督のコメント
・小島藤子のキャスティングについて
小島さんは以前にも私の作品に出演して頂いたことがあるのですが、本当に素敵な役者さんで、また配役したいと願っていました。
小島さんに演じていただいた摩耶花役はマンガを描くのが大好きなオタク少女で、実際の小島さんもかなりの映画マンガオタクだと思い(笑い)、役にも合っているかと思います。
小島さんはもともと『氷菓』の小説もアニメもファンだったようで、氷菓の独特な世界観を最初から掴んでおり、さすがだと感じました。

・小島藤子の印象について
普段の彼女はとても愛らしい普通の女の子なんですが、芝居への入り込みが尋常じゃない。そのギャップが大好きです。
大好きなものに夢中になる子供のようなところ、でも繊細でいろんなことに気がついていて気遣いをするところ、たまらなくかわいいです。

・岡山天音のキャスティングについて
以前から岡山さんのことはかなり気になっており、自分の作品に配役してみたいと思ってきたのですが、今回の『氷菓』の里志役にピッタリだと感じ、オファーすることができました。
岡山さんに演じていただいた里志は山崎くん演じる主人公奉太郎に謎解きのヒントを与えるデータベース役で、飄々とした中にも知的さがある。岡山くんの醸し出す雰囲気がそれを実現させてくれました。

・岡山天音の印象について
すごく真面目な役者さんです。役作りについてどうあるべきか色んな方向を模索し、自分自身の演技プラン(特に所作)をたてて芝居に臨んでいました。山崎君とプライベートでも仲がいいようで、ふたりのツーカー感が作品に反映されていると思います。まるで中学生の男子のように仲のいいふたりで、現場のふたりを見るのが楽しかったです。