「2016年度 JOCスポーツ賞表彰式」で新人賞を受賞した張本智和【写真:編集部】

写真拡大

JOCスポーツ賞新人賞受賞…世界選手権8強の13歳「この勢いで10位くらいに」

 ビッグな足で世界トップ10に成り上がる――。卓球の世界選手権で大会史上最年少8強入りした張本智和(エリートアカデミー)が9日、「平成28年度 JOCスポーツ賞」表彰式に出席。新人賞を受賞した13歳は足のサイズが27.5センチであることを告白し、今後については「ここからの3大会で10位くらいに上げたい」とビッグな目標を明かした。

 初々しい制服姿の足元に大きな革靴がのぞいた。きらびやかな壇上をしっかりと踏みしめ、張本は喜びの声を上げた。

「このような素晴らしい賞を頂けて、本当にうれしいです。今年は去年以上の結果が残せるように頑張りたい」

 昨年の世界ジュニア選手権の男子シングルスで史上最年少優勝を果たしたことが評価され、新人賞を受賞。最優秀賞の伊調馨ら、名だたる五輪金メダリストと肩を並べ、顔をほころばせた。

 会場を驚かせたのは、壇上のインタビューでのひと幕だった。インタビュアーから「足が大きいですね」と問われると「結構、大きいです。27.5センチです」と告白。171センチの13歳にしては大きめのサイズに、柔道の大野将平ら屈強なアスリートが一同に会していた会場から「おお〜」とどよめきが上がった。

 一般的に足の大きさは、体の成長に比例するといわれる。すなわち、まだまだ伸びしろを秘めているという裏返しでもある。

来週のジャパンOPから3連戦「3年後はもっと強くなって東京五輪金メダルを」

 卓球の世界選手権では世界に衝撃を与える快進撃で8強入り。最新の世界ランキングでは69位から39位にランクアップした。13歳でのトップ50入りは男子では史上最年少というが、成長著しい天才少年が見据えるのは、もっと先だ。

「1年間くらいずっと60位台だったけど、やっと一つレベルが上がった。でも、30位にいるのではなく、20位台、10位台、ひと桁……。ここからの3大会くらいで10位くらいに上げたい。そのくらいまでいけば自信もつくし、この勢いでいきたい」と堂々宣言。来週のジャパン・オープンから続く連戦で大幅上昇をつかみ、トップ10に割って入る覚悟だ。

 もちろん、成績を残すために練習には余念がない。7日に帰国後、前日8日から仙台市内の中学校に戻ると、周囲から「おめでとう」の祝福の嵐となったというが、すでに練習を再開している。

「3年後はもっともっと強くなって、東京五輪で金メダルを狙いたいです」

 力強く宣言した13歳。光り輝く未来を目指して、その大きな足で駆け抜けていく。