分解レポートでお馴染みのiFixitが、発売されたばかりのTouch Bar付き新13インチMacBook Proと12インチMacBookを分解、詳細な報告書を公開しました。

CPU、メモリ、フラッシュメモリもハンダ付け

新21.5インチiMacとは異なり、新13インチMacBook Pro、12インチMacBookではプロセッサ、メモリ、そしてフラッシュメモリがロジックボードにハンダ付されているだけでなく、バッテリーもケースにしっかりと糊付けされていることがわかりました。
 
またRetinaディスプレイは保護ガラスとしっかりと接着されているため、万一ディスプレイにヒビが入った場合、修理にはかなりのコストがかかる、とiFixitは指摘しています。

Touch Bar付きモデルはディスプレイ修理がさらに困難に

Touch Bar付きのMacBook Proは、Touch Barが追加されたことによって、ディスプレイの修理や交換がさらに難しくなっているようです。
 
Touch IDセンサーは電源の役割も果たしており、ロジックボードのT1チップと連携しています。したがって電源スイッチが故障した場合、Appleに修理を依頼するか、ロジックボードをそっくり交換しなければなりません。
 
iFixitは13インチMacBook Pro 2017と12インチMacBook 2017について、両モデルともに修理しやすさのスコアを最低の「1」としています(10が最も修理しやすい)。
 
 
Source:iFixit(1),(2)
(lunatic)