“映画史上最高の作品”ファン投票1位は…

写真拡大

ゴッドファーザー」が、映画史上最高の作品に選ばれた。

アル・パチーノとマーロン・ブランド主演によるドン・ヴィト・コルレオーネ一家の犯罪組織を追った1972年公開の同作品が、エンパイア誌が主催する5000人の映画ファンによる投票で1位に輝いた。

第2位には2014年の同投票で1位を獲得したこともある「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が続き、「ダークナイト」が3位、「ショーシャンクの空に」が4位、「パルプ・フィクション」が5位となっている。

また10位圏内には「グッドフェローズ」「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」「ジョーズ」「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」「ロード・オブ・ザ・リング」などが名前を連ねた。

エンパイア誌のテリ・ホワイト編集長はこの結果について、「『ゴッドファーザー』は公開から45年の時が経っているにもかかわらず、今でも映画ファンから愛され続けているという結果を見ることは素晴らしいことだ」とコメントしている。

なお、ファンが選ぶ最近公開されたヒット作品のカテゴリーでは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が1位に輝いた。