首位タイに並んだレクシー・トンプソン(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マニュライフLPGAクラシック 2日目◇9日◇ホイッスル・ベアーGC(6,613ヤード・パー72)>
カナダのホイッスル・ベアーGCで開催されている、米国女子ツアー「マニュライフLPGAクラシック」は第2ラウンドを行い、トータル12アンダーで並んだレクシー・トンプソン(米国)とキム・ヒョージュ(韓国)、地元カナダのアレイナ・シャープが首位タイで予選ラウンドを終えた。1打差のトータル11アンダー4位タイにペリーン・デラクール(オランダ)、リンディ・ダンカン(米国)、チョン・インジ(韓国)がつけている。
国内では藍ちゃんフィーバー!現地の様子をLIVEフォトでチェック!
日本勢は上原彩子はトータル4オーバーで予選落ち。畑岡奈紗はINの9ホールを終了してトータル8オーバーとなったところで、胸部の痛みを訴えて途中棄権した。マネージャーによれば「2週間くらい前から少しずつ症状(胸部の痛み)が出始め、今週月曜日の全米女子オープン予選会の時が一番ひどかった。今日もラフなどから打ち出すとき痛みがあった」という。コースのドクターに診察を受けて、必要であれば外部の病院で精密検査を受ける。
【2日目の順位】
1位T:レクシー・トンプソン(-12)
1位T:アレイナ・シャープ(-12)
1位T:キム・ヒョージュ(-12)
4位T:ペリーン・デラクール(-11)
4位T:リンディ・ダンカン(-11)
4位T:チョン・インジ(-11)
7位T:ブロンテ・ロウ(-10)
7位T:ミンジー・リー(-10)
7位T:フォン・シャンシャン(-10)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リーダーボードで速報中!詳しい順位をチェック!
A・ジュタヌガーンが世界ランキングNo.1奪取なるか?
カナダでの試合に挑む上原彩子と畑岡奈紗、「1日2アンダー以上を目指す」(畑岡)
藍との36ホールが終了…上田桃子、最後の言葉は「ありがとう」
美女プロたちのゴルフスイングお悩み解決レッスン