原口が“ドリブラー”乾から受ける刺激 ハリルJの左サイドを争う二人は「サッカー観が違う」

写真拡大

同ポジションのライバルに言及 「僕とはドリブルの仕方も仕掛け方も違う」

 日本代表FW原口元気(ヘルタ)は、7日の国際親善試合シリア戦(1-1)で好プレーを見せた同ポジションのFW乾貴士(エイバル)と自身を「サッカー観が違いますね」と比較して語った。

 バヒド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は、13日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦に向けて、開催地のイランに入った。9日のトレーニングを終えた原口は「暑くても問題ない」と、中東の気候への順応は問題ないと話した。また、DF長友佑都(インテル)が練習を途中で切り上げたが、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)とのコンビについても「どちらとも2、3試合やってるんで問題ないと思います」と不安はないとした。

 そして、7日のシリア戦で自らと交代して途中出場し、左サイドアタッカーに入って好プレーを見せた乾について話が及ぶと、サッカーの技術的な部分からメンタリティーに至るまで大きな違いがあると話している。

「僕とは全然ドリブルの仕方も仕掛け方も違うので、変な話、僕が代わって乾くんが出たりとか逆だったとしても、相手としてはつかみにくいんだろうなと思いますね。(乾は)本当にサッカーを楽しむことを一番に考えてるというか、そういう意味でなんて言うんだろう…サッカー観が違いますね」

「いろいろな意味で刺激をもらえる存在」

 原口のドリブルはやや長い距離を一気に突破していく推進力を感じさせるものだが、乾は目の前の相手との駆け引きとタイミングでサッと外す良さがある。また、シンプルなフェイントで相手を引き離す原口と、多彩な技術で相手のすぐ横を抜けていく乾という違いもあるが、その根底にはサッカー観の違いがあると話す。

「どっかやっぱり必死にやるというか、常に全力で僕はやってきた部分があるので、サッカーの楽しさというのは彼を見てすごく感じますし、そういう部分っていうのはああいう余裕のあるプレーにつながるなと感じます。僕の良さはまた違うところにあるし、彼の良さを見習わなきゃいけない部分も外から見て感じて、いろいろ話しても求めている部分が違ったってのも感じたし、それがピッチで出てるなと思います」

 同じ“ドリブラー”というカテゴリーで評価されることの多い原口と乾だが、原口自身は乾と自分との根本的な違いを感じているようだ。そうしたなかで「非常にいろいろな意味で刺激をもらえる存在ですし、話していても本当にすごくいろいろ刺激をもらえる」とも話す。

 それぞれドイツとスペインで活躍する二人のアタッカーのタイプの違いは、そのままチームとしてはバリエーションの増加につながる。ポジション争いのライバルであり、刺激を与え合う存在として、原口と乾はハリル監督にとって貴重な二つの選択肢となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images