Samsung Displayが今秋発売見込みの次期iPhone、計3モデル向けにパネルの量産を開始した模様です。

Samsung、iPhone7s/7s Plus/8向けパネルの量産開始

台湾メディアDigiTimesによると、Samsungは4.4インチのiPhone7s、5.5インチのiPhone7s Plus向けのパネル、そして5.8インチのiPhone8向けのアクティブマトリックス式有機EL(AMOLED)パネルの量産を開始しているようです。
 
先日別のメディアは、iPhone向けパネルの生産は6月末から始まると報じていました。しかし新iPhone情報を次々とリークしているベンジャミン・ジェスキン氏も「量産が開始されている」とツイートしていることを考えると、すでに量産が始まっている可能性があります。

iPhone8向けに8,000万枚生産

Samsungは2017年中にiPhone8向けに最高8,000万枚のAMOLEDパネルを供給する見込みです。DigiTimesによれば、同社は同年中にさらに8,000万枚のAMOLEDパネルを生産するとされており、これらについてはSamsung Electronicsや他のスマートフォン・メーカーに供給される見通しです。しかしSamsungはAppleからさらなる供給要請があっても応えられるよう、柔軟な体制を整えているとのことです。
 
一方4.7インチ、5.5インチのiPhone7s/7s Plusについては、7月〜12月に2,500万〜3,000万枚のパネルを出荷する予定のようです。

今年のiPhone8出荷台数は5,000万〜5,500万台

DigiTimes Researchは2017年におけるiPhone8の出荷台数について、5,000万〜5,500万台と予想しています。ただしサプライチェーンの現状を考えると、量産開始は9月中旬以降で、第3四半期(7月-9月期)の生産台数は300万台程度にとどまる、と同社はみています。
 
なお第3四半期における、新モデル(iPhone7s/7s Plus/8)以外のiPhone出荷台数は2,500万〜3,000万台で、新モデルを含めた総出荷台数は4,000万〜4,500万台というのが、DigiTimesの予想です。

 
 
Source:DigiTimes
Photo:iDrop News

(lunatic)