© 2017 Apple Inc.

『iOS 11』では『ARKit』が提供されるので、カメラを通して見る景色にアプリを連動させる、拡張現実(AR)アプリが増えると予想されます。

しかし、このARKitに対応するiPhoneは限られるため、対応アプリが数多く登場しても使えない場合があります。

iOS 11のARKitとは?

iPhoneやiPad向けのARアプリは以前からあります。AppleはこのARアプリ開発のハードルを下げるために、開発を支援するツールとしてARKitを用意しました。

これを開発者がアプリに組み込んで活用することで、ARに関する機能をゼロから開発する必要がなくなります。

したがって、アプリを利用する人がARKitに直接触れることはありません。ただしアプリがARKitを利用している場合は、ARKitに対応したiPhone・iPadが必要です。

ARKitに対応する機種一覧

iOS 11をインストールしていて、A9プロセッサかA10プロセッサを搭載したiPhone・iPadがARKitに対応しています。

販売中・これまで販売されていたiPhoneとiPadで、これらのプロセッサを搭載しているモデルは以下の通りです。

ARKitに対応しているiPhone

iPhone 6s/6s PlusiPhone SEiPhone 7/7 Plus

ARKitに対応しているiPad

初代iPad Pro(12.9インチ・9.7インチ)第5世代iPad第2世代iPad Pro(12.9インチ)10.5インチiPad Pro

iOS 11にアップデートできる、『iPhone 5s』・『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』、『iPad Air』・『iPad Air 2』・『iPad mini 2』・『iPad mini 3』・『iPad mini 4』、第6世代iPod touchは対応していません。

対応していないiPhone・iPad・iPod touchであっても、ARアプリが使えない訳ではありません。ARKitを利用していないARアプリもあるからです。

Appleが近い将来、アプリ開発者に対してARKitへの一本化を迫るのか、それともARKitを利用しないARアプリも認めるのかは分かっていません。

参考

ARKit - Apple Developer