近藤 宣之(Nobuyuki Kondo)  株式会社日本レーザー代表取締役社長。1994年、主力銀行から見放された子会社の株式会社日本レーザー社長に就任。人を大切にしながら利益を上げる改革で、就任1年目から黒字化させ、現在まで23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロに導く。2007年、ファンドを入れずに役員・正社員・嘱託社員が株主となる日本初の「MEBO」を実施。親会社から完全独立。現役社長でありながら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾、慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールなど年50回講演。東京商工会議所1号議員。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」、東京商工会議所の第10回「勇気ある経営大賞」、第3回「ホワイト企業大賞」など受賞多数。  【日本レーザーHP】 www.japanlaser.co.jp/  【夢と志の経営】 info.japanlaser.co.jp/

写真拡大

◎倒産寸前「7度の崖っぷち」から年商4倍、23年連続黒字、10年以上離職率ほぼゼロ!
◎「赤字は犯罪」&「黒字化は社員のモチベーションが10割」と断言!
◎学歴、国籍、性別、年齢不問! ダイバーシティで女性管理職3割!
◎「2-6-2」の「下位20%」は宝! 70歳まで生涯雇用!
……こんな会社が東京・西早稲田にあるのをご存じだろうか?
現役社長の傍ら、日本経営合理化協会、松下幸之助経営塾、ダイヤモンド経営塾から慶應義塾大学大学院ビジネス・スクールまで年50回講演する日本レーザー社長、近藤宣之氏の書籍『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』が話題。発売早々第7刷となった。
なんと、政府がこれから目指す施策を20年以上前から実践している小さな会社があった! 「7度の崖っぷち」からの大復活! 一体、どんな会社なのか?

「方さんがいる限り
日本レーザーと取引する」

「中国からの留学生を採用できませんか?」と、オプトロニクス社の上野社長から依頼されたのがきっかけで、2000年5月に採用したのが26歳の若き中国人、方(ほう)さんでした。

 19歳で中国蘇州大学を卒業し、上海で2年間商社に勤務した後、来日。
 慶應義塾大学で1年間日本語を学び、横浜国立大学で修士を得ました。

 その後の彼女の活躍がきっかけで、当社がダイバーシティ経営と女性が輝く先進的な企業として評価されるようになりました。

 営業事務員として1年半。その後、システム事業の営業職に配転しましたが、そこから彼女の快進撃が始まります。
 日本語は日本育ちと誤解されるくらいに向上、英語は米国の大学を出た社員以上に流ちょうです。

 独身時代には、納入したシステムのトラブル対策では、寝袋を持って工場で寝泊まりして徹夜で対応。
 支払いを渋る顧客の理不尽な対応には、「独断で装置を引き上げる」と迫る一方、顧客の要望には的確にメーカーと交渉して実現するなど、まさにスーパーレディの活躍でした。

 2002年には、同じ中国人留学生で日本企業に勤める鐘さんと結婚。2005年に夫が上海転勤になったとき、「夫に同行しても1年後には戻ってきて引き続き働きたい」と言うので、上海での在宅勤務扱いにして給与も継続支給しました。

 こうした会社の処遇に感謝し、再来日後の彼女の活躍はさらに目覚ましく、ドイツのメーカーの社長は、

「方さんがいる限り日本レーザーと取引する」

とまで言ってくれたのです。

 2011年末、尖閣列島問題等で悪化した日中関係のさなか、ひとり息子とともに、鐘さん一家3人は日本に帰化しました。
 日中のかけ橋になる決意とともに、戸籍名は「鐘千春」となりました。

 そのとき、たまたま当社が中国のメーカーに誤送金したことがありました。
 こうしたケースでは返金されることはほとんどないのですが、彼女は電話で何回も相手の中国人にルールに基づいた返金を迫り、ついに実現しました。

「誤送金を認めても返金しない」というような態度では、中国が大国として世界から尊敬されないとの説得が切り札となりました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)