小2で英検準2級合格! 英検・TOEFL方式に変わる大学入試を 先取りする大分県のふつうの子、4事例

写真拡大

◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4〜18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々重版となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか? 

週1回75分の授業なのに、
超短期間で次々英検合格者が!

 2021(平成33)年から変わる大学入試は、英語テストは行わず、英検やTOEFLなど民間の検定試験を活用することが決まっています。
 これまでの入試の「読む・聞く」力に加えて、「書く・話す」力も評価されます。
 まさに、小さい頃から一気に身につけよう! と私がこの本で提唱する「子どものうちから英語4技能」の出番なのです。

 私の授業は、週1回たった75分ですが、次のような生徒たちが続出しています。

[実例1]幼稚園年長から教室に通い始め、小2で英検準2級(高校中級程度)に合格したYくん

[実例2]小6から通い始め、英語学習経験ゼロにもかかわらず、わずか8か月で英検3級(中学卒業程度)に合格したGくん

[実例3]小3から通い始め、たった1年半で英検2級(高校卒業程度)に合格したTくん

[実例4]教室に通い始めてわずか7週間で、英検5級レベル(中学初級程度)に到達したMさん(9歳・小3)と一緒に通っている弟のSくん(6歳・小1)

 このように、非常に短期間で、英検(実用英語技能検定、文部科学省後援)に合格しているのです。しかも、大分県の一般的な普通の家庭の子ばかりです。

読書力と英作文力も
進学校の高校生もビックリのレベルに

 ここでは、英検の結果のみに触れましたが、生徒たちの読書力と英作文力は進学校の高校生もビックリのレベルに達しています。

 無学年制の小中混合クラスでは、「おとなの基礎英語」(Eテレ)の講師でもあり、立教大学経営学部の松本茂教授のベストセラー『速読速聴・英単語Core 1900 ver.4』(Z会)を使いながら大学生レベルの語彙の文章を読み、英語で時事問題をディスカッションしています。

 つまり、いろいろな教室に行ってもまったく成果が出ず、当教室を訪ねてきたお母さん、お父さんたちもニッコリの成果が次々と出ているのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)