今年秋に発売されるiPhoneは、マイナーアップデートのiPhone7s、iPhone7s Plusと、10周年記念モデルのiPhone8の3モデル体制と予想されていますが、iPhoneやiPadの情報を相次ぎリークしているベンジャミン・ジェスキン氏がiPhone7s PlusとiPhone8とみられる図面を公開しています。

iPhone8/7s Plusは量産開始?今年のiPhone新機種は「3種類」

ジェスキン氏は自身のTwitter(@VenyaGeskin1)で、図面とともに「iPhone8とiPhone7s Plusの最新図面だ。量産が開始されている」と投稿し、今年の新しいiPhoneは3種類だと述べています。
 


 
背面カメラが従来の横配置になっているのがiPhone7s Plusとみられます。現行モデルとほとんど変わりないデザインで、図面に記載のあるサイズは高さ158.38ミリ、幅78.1ミリで、厚さは明らかになっていません。
 

背面カメラが横配置となっているiPhone7s Plusとみられる図面


 
背面カメラが縦配置となっているこちらが、iPhone8とみられる図面です。詳細にサイズが表記されており、高さ143.4ミリ、幅70.77ミリ、厚さ7.51ミリとなっています。電源ボタン部分は17.25ミリで、以前から噂のある通り現行モデルよりも長くなっているのがわかります。
 

背面カメラが垂直配置となっているiPhone8とみられる図面

iPhone8のサイズは複数の情報がリーク

今回リークされたiPhone7s Plus、iPhone8のサイズを、現行モデルiPhone7/7 Plusと比較したのが以下の表です。iPhone7s PlusとiPhone7 Plusではほとんどサイズ差はなく、高さと幅がそれぞれ0.2ミリほど大きくなる計算です。
 

端末名
赤字は今回の情報
青字は公式情報高さ幅厚さiPhone7138.3ミリ67.1ミリ7.1ミリiPhone8143.4ミリ70.77ミリ7.51ミリiPhone7 Plus158.2ミリ77.9ミリ7.3ミリiPhone7s Plus158.38ミリ78.1ミリ?

 
iPhone7s Plusの図面がリークされたのは今回が初めてとみられますが、iPhone8の図面はこれまでにも何度かリークされています。
 
ジェスキン氏は6月2日にもiPhone8とされる図面を公開しているのですが、この図面と今回の図面のサイズを比較すると、今回公開されたサイズのほうが8.32〜8.61ミリ大きいなど、どの情報に信憑性があるかは現時点では判断できません。
 
これまでに報じられた各サイズと比較した表は以下の通りです。
 

報じられた端末名
赤字は今回の情報
青字は公式情報高さ幅厚さリーク日・
関連記事iPhone8135.08ミリ62.16ミリ?ミリ6月2日
関連ツイートiPhone7138.3ミリ67.1ミリ7.1ミリApple公式iPhone8143.4ミリ70.77ミリ7.51ミリ6月7日
(この記事)iPhone8143.58ミリ70.94ミリ7.57ミリ5月24日
関連記事iPhone8143.59ミリ70.94ミリ7.57ミリ5月31日
関連記事「EVT03」149.501ミリ72.497ミリ8.624ミリ4月13日
関連記事iPhone8149.501ミリ72.497ミリ?ミリ4月19日
関連記事iPhone7 Plus158.2ミリ77.9ミリ7.3ミリApple公式「602量産」158.13ミリ77.79ミリ7.12ミリ4月13日
関連記事iPhone7s Plus158.38ミリ78.1ミリ?6月7日
(この記事)

 
 
Source:Twitter(@VenyaGeskin1)
Photo:iDrop News
(asm)