8日、韓国の20代女性のバストサイズで、Cカップの割合がAカップの割合を超え、20代を中心にグラマーな女性が増えていることが明らかになった。資料写真。

写真拡大

2017年6月8日、韓国の20代女性のバストサイズで、Cカップの割合がAカップの割合を超え、20代を中心にグラマーな女性が増えていることが明らかになった。韓国経済新聞などが伝えた。

韓国の下着ブランド「良い人々(GOOD PEOPLE)」が今年4月、「2017 Find Your Fit」というキャンペーンを通じて、全国の売り場を訪れた女性客のバストサイズの測定や、ブラジャーの選び方・着用の仕方などを指導するサービスを提供した。

6500人余りが参加したという同キャンペーンの結果によると、20代女性のCカップ以上の割合は34.14%(D・Eカップ10.18%を含む)と最も高く、次いでBカップ34%、Aカップ31.75%だった。2014年の結果と比較するとCカップ以上は13%増加した一方、45%に上っていたAカップの割合は14%減少、調査を始めて以来最も低い数値を記録したという。

しかしすべての年齢層をみるとAカップの割合が38%と最も高く、Bカップ33%、Cカップ以上28%となり、14年に比べてCカップ以上は12%増加、Aカップは13%減少していた。

この結果を受け、同社マーケティングチームのチョ・ジュンイ課長は「20代を中心に韓国の女性らのバストサイズが大きくなっており、関連商品を拡大するなど、消費者の変化に対応している」と話している。

この調査結果に、韓国のネットユーザーからは「そうかな?自分の周りでは見たことないけど」「これって企業の広告では?」など調査結果に疑いを投げ掛ける声や、「女性はだんだん大きくなってるのに、男性は…」「男性もちょっとは頑張ってよ」との声が上がり、男女間論争も勃発している。

また、コメント数が2000を超えていることについて「バストに関心が高過ぎでは?他人には関係ないことでしょ」「女性の下着の話題なのに男性からのコメントが多い」との反応もあった。(翻訳・編集/松村)