画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○Windows Update経由でコンポーネントストアの修正が可能

筆者がWindows 10バージョン1703を新規インストールしたところ、不可解なエラーに出くわした。残念ながらスクリーンショットは残っていないが、「設定」の「個人用設定/テーマ」から「デスクトップアイコンの設定」を選択すると、「Windowsは指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アイテムにアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります」というエラーが発生した。

ひとまず放置し、一連の設定やアプリケーションの再インストールを終えてから、トラブルシューティングツールを起動すると、こちらもエラーが発生する。どうも一部のデスクトップアプリが動作しないようだ。別のPCでトラブルシューティングツールのコマンドラインを確認し、直接起動してみると、こちらは問題なく起動する。

初期のWindows 10では、「設定」に代表されるImmersiveControlPanelが一切起動しないというトラブルがあったのだが、今回のケースは初めてだった。何らかの整合性が破綻していると予想し、Dismコマンドで修正を行ってからOSを再起動したところ、問題なく動作した。察するに、何らかのコンポーネントが破損し、修正時にセキュリティ設定が自動的に行われたことで、先の問題が解消されたのだろう。

Dismコマンドの各オプションを紹介する。「CheckHealth」は、コンポーネントの破損情報がレジストリに登録されているか確認するオプションだ。ストレージの破損状態を確認するChkdskコマンドを例にすれば、読み取り専用オプションと同じである(以下のコマンドはコピー&ペーストに利用してほしい)。

Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

「ScanHealth」はコンポーネントストアの破損をチェックし、その結果を「C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log」に記録するオプションだ。ここで不穏なメッセージが現れた場合、Windows 10に異常が発生している可能性がある。

Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

「RestoreHealth」も、ScanHealthと同じくコンポーネントストアの破損チェックとログ出力を行うが、同時にWindows Update経由で破損修正が行うオプションだ。この他にもいくつかのオプションがあるので、機会を見て紹介しよう。

Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

最後にPCを再起動し、自動修正されたコンポーネントが正しく動作するか確認すればよい。必ずしも今回紹介した方法ですべてのトラブルを解消できる訳ではないが、試す価値がある。

阿久津良和(Cactus)