天然キャラで関西弁が無性に可愛い、Hカップ”ぷゆ”の清水あいりが、色っぽい写真を公開した。

6日のtwitterで初めて釣りをしたことを報告。「気付いたら夢中になってた。夢中になり過ぎて胸元日焼けしちゃいました。
年がら年中お肌白めの引きこもりだから日焼け止めを念入りに塗り込む癖がなくて、やっちゃったって感じです…反省…でもそのぐらい、釣りめちゃくちゃ楽しかったぷゆ。」、とっても釣りが楽しかったようなのだが、日焼け対策を怠り、グラドル界でも美白で名を馳せる”ぷゆ”の胸元は空しくも真っ赤に。むっちり柔らかHカップの大きさを物語る、谷間だけは若干白い”セクシー三角形”が浮かび上がっているが、シーツで胸元を隠しただけで、ウインクして誘惑されているようで、ドキドキする。

ファンも「胸元の肌に入り込んだ紫外線になりたい(カオス)」「うわー、痛そう(´Д` )もう全身小麦色に、、、」「ピリピリ感ありそう…」「以外と露出してたのねん」「真っ赤っかぷゆやん」「くぅ〜(。-∀-)にや♡たまらん日焼けの後ですねw」などなど心配のコメントも多いが、そのセクシーさに”釣られた”諸氏で溢れた。

では、どんな格好で釣りをしたのか?その後「どんな格好でって質問が来てたのですが、初めてだし何もわからなかったのでこんな格好でやっていました…。笑 少しコツ掴めて十匹ぐらい釣れたよっ🎣釣れるとめちゃくちゃ楽しいね💕」とコメント、黒のパーカーをフードも被った後ろ姿を公開。前はがっつり胸元が開いていたようだ。そんなちょっとドジッ娘なキャラも清水の魅力なのだが。

釣りにハマった”ぷゆ”、大事なボディのケアを念入りにして、これからも大いに楽しんでほしい。