シャープが現在、中国市場に全面的に回帰しようとしている。シャープは先月、携帯電話事業の中国市場回帰を発表したことに続き、6日には液晶テレビ「アクオス」を発表した。資料写真。

写真拡大

シャープが現在、中国市場に全面的に回帰しようとしている。シャープは先月、携帯電話事業の中国市場回帰を発表したことに続き、6日には液晶テレビ「アクオス」を発表した。これはフォックスコンのシャープ買収後に初めて発売される新型テレビだ。北京晨報が伝えた。

世界最大の消費市場である中国市場は、すべてのテレビメーカーに対して重要な影響力を持つ。中国で相次いで新商品を発表することで、フォックスコンはシャープ再興の決意を示している。

フォックスコンの陳振国副総裁は「シャープはこの3年間で最高の業績を記録している。テレビ事業では年間1400万台という世界販売目標を設定しているが、この目標はほぼ実現可能となっている。フォックスコンは2017年のシャープ製テレビの世界出荷台数の目標を引き上げた」と述べた。

シャープはかつて「液晶テレビの父」と呼ばれたが、過去数年間でディスプレイ・完成品事業が衰退した。シャープは欧州と北米のテレビ事業から撤退し、中国市場でもシェアを落としている。フォックスコンは昨年シャープを買収し、1年間で赤字額を10分の1にした。(提供/人民網日本語版・編集YF)