インド西部グジャラート州スーラトで、儀式を終えてジャイナ教の僧となったバルシル・シャーさん(2017年6月8日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド西部グジャラート(Gujarat)州で8日、州内の修了試験でトップの成績を収めた17歳の若者が、聖なる川のほとりで出家の儀式を行い、世俗的な快楽を放棄し僧侶の禁欲的な生活を誓った。

 2週間前に高校を同州トップの成績で卒業したばかりのバルシル・シャー(Varshil Shah)さんは、頭髪をそり、白い僧衣を着た姿で家族と導師から祝福を受けた後、夜明け前にジャイナ教の儀式に臨んだ。

 ジャイナ教徒は菜食主義を厳格に守り、一部の僧侶や尼僧は偶然虫をのみ込んでしまうことがないよう、口を布で覆っている。

 シャーさんは、インドの学生たちの間で重んじられる道――大学に入り、仕事で成功を収める――には進まず、地方を巡って禁欲生活を送り、瞑想(めいそう)して経典を学ぶ道を選んだ。

 シャーさんは出家の儀式の前日、グジャラート州スーラト(Surat)で記者団に対し「誰も傷つけることなく幸せを手に入れたいと常に考えていた。修了試験でトップの成績を収めても幸せを与えてはくれない」と述べた上で、「物質主義的な世間は大勢の人々が追い求めている永遠の幸せを与えてくれない」と話した。

 シャーさんはお金に重きが置かれている社会の価値観に懸念を抱くようになり、母親と税理士の父親に、他人も傷つけることなく幸せを手に入れたいと伝えたという。
【翻訳編集】AFPBB News