台湾鉄路管理局提供

写真拡大

(嘉義 9日 中央社)台湾での鉄道建設130周年を記念した3日間の祝賀イベントが9日から始まった。初日には台湾鉄路管理局(台鉄)阿里山森林鉄路管理処が記念切符セットを発売したほか、台北駅で台湾鉄道と縁が深い人々の表彰式が行われ、日本人の鉄道作家が表彰された。

記念切符は台鉄発券センターが昔ながらの印刷機を使って活版印刷したもので、阿里山森林鉄道の水社寮駅−多林駅間(台鉄の特急・自強号の切符用紙使用)、多林駅−十字路駅間(同各駅停車の切符用紙使用)各1枚が特製の台紙にセットされている。

記念切符セットは1組130台湾元(約470円)。阿里山森林鉄道の北門駅で、1300組が限定販売される。

台北駅で行われた表彰式では、日本人の鉄道作家、結解喜幸さんが台湾鉄道の友として表彰された。結解さんは過去37年間で300回以上台湾を訪れており、リタイア後は台湾でのロングステイを希望しているという。

(黄国芳、汪淑芬/編集:塚越西穂)