浦和には2万ドルの罰金が科されることに。クラブはいかなる対応を見せるのだろうか。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 浦和レッズは6月9日、5月31日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)済州ユナイテッド戦での暴行騒動における、アジアサッカー連盟(AFC)からの裁定を受けて、以下の声明を出している。

「9日、アジアサッカー連盟(AFC)から、5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFCにおいて、試合後の騒動に関わったこと、また試合の価値を落としたことにより、浦和レッズに2万ドルの罰金が科されると発表がありました。

 規定に基づき、裁定内容について詳細を確認しておりますので、今後の対応につきましては、あらためて、オフィシャルサイトを通じて、ご報告させていただきます」

 クラブからは、近日中になんらかのアクションがあるようだ。