紫外線が気になる季節です。肌の紫外線対策は抜かりなし!という方でも、意外にも忘れがちなのは髪や頭皮の紫外線対策。髪も紫外線に当たると肌と同じように日焼けし、傷んでいってしまいます。髪ならば、傷んだところだけ切ることもできますが、頭皮はそうもいかず。紫外線が頭皮に与える影響は大きく、白髪や薄毛の原因となることもあるのです。

紫外線が髪に与える脅威とは

肌に含まれるメラニン色素は、髪にも含まれており、肌や髪の色を決めています。人種や個人により髪の色が違うのは、メラニン色素の量が異なるからです。また白髪とはメラニン色素が少なくなったものです。ところで紫外線の脅威となる破壊力は、髪のメラニン色素を壊してしまいます。日中太陽がサンサンと降り注ぐ中、ずっと外にいて、髪の色が変わってしまったことはありませんか。それは紫外線がメラニン色素を分解し、変色してしまったためです。

それから紫外線はメラニン色素だけでなく、髪を構成するタンパク質「ケラチン」も変質させてしまいます。その結果髪がパサつき、切れ毛や枝毛などが起こるようになります。さらに注意したいのは、紫外線は頭皮の細胞も傷つけてしまうことです。肌同様に、頭皮も紫外線に当たりすぎると皮膚が硬くなり、毛母細胞がダメージを受けます。すると健康な髪が生えにくくなるばかりか、薄毛や白髪の原因となることもあるのです。

すぐに始められる紫外線対策

紫外線対策をする時は肌だけでなく、髪や頭皮も一緒に行うようにしましょう。髪専用の、洗い流さないタイプのUVカットトリートメントを使用するのも良いでしょう。紫外線から髪全体を守ってくれるので、特に髪が長い方には重宝します。しかも、髪の状態を整えてサラサラにしてくれますよ。そして日傘をさしたり、帽子をかぶるのも紫外線対策には有効です。

帽子選びのコツ

これからの時期、ぜひ夏のレジャーなどで活用したいアイテムは帽子です。頭皮の紫外線対策にもってこいの帽子は、デザインだけでなく、機能性も重視して選ぶようにしましょう。通気性のよい素材、コットンや麻、麦わら帽子などがおすすめです。帽子は生地が厚めであるほど、UVカット率が高くなりますが、その代わり帽子の中が蒸れやすくなります。

その場合は時々帽子を脱ぎ、風を通すようにしましょう。編み込んだ帽子などは通気性が良いですが、隙間が多いと紫外線を通してしまうので注意しましょう。それからUVカットと書かれた帽子は、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が素材に混ぜられていたり、あるいは帽子の表面に塗られたものです。UVカット帽子を利用すると、より高い紫外線防止効果が期待できるでしょう。


writer:Akina