新iMac選びのコツは? 21.5と27インチ、どちらを選べば正解なのか

写真拡大 (全4枚)

ディスプレイ一体型パソコンiMac」の新モデルが「The Apple Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」で発表された。

iMacの人気の秘密は、美しいデザインにあるだろう。
リビングに置いても、インテリアのように部屋に溶け込み、PCを感じさせない。

そんな魅力的なiMacの新モデルは、どこが注目のポイントなのか、簡単にまとめてみた。

■画面サイズが異なる2種類のiMac
iMacは画面サイズの違いで、21.5インチと27インチの2種類に分けられる。
前モデルからの強化ポイントは、CPUとディスプレイだ。

新iMacでは、最大4.2GHz(Turbo Boostで最大4.5GHz)のプロセッサと、前モデルの2倍の容量を持つメモリを搭載することができる。
27インチiMacはすべて5,120 × 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイと搭載し、より高精細で高輝度になっている。

●基本性能のアップグレードにも対応!21.5インチiMac
21.5インチiMacは、
・これからMacを使いたい人
・省スペースな置き場所で使いたい人
など、特にお勧めだ。

21.5インチiMacは、3つのベースモデルが用意されている。

エントリーモデル
「2.3GHzプロセッサ1TBストレージ」
2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.6GHz
8GB 2,133MHzメモリ(オプションで最大16GBに変更可能)
1TBハードドライブ1
Intel Iris Plus Graphics 640
Thunderbolt 3ポート x 2
1,920 × 1,080ピクセル解像度のsRGBディスプレイ
価格は12万800円 (税別)

エントリーモデル「2.3GHzプロセッサ 1TBストレージ」は、iMacシリーズの中でもっとも安価な点が大きな魅力だ。
インターネットでホームページを見たり、ウィキペディアで調べものをしたり、電子メールの返事を書いたりと、CPU負荷の少ない作業であれば、パフォーマンス的な面で不自由はしないだろう。


ミドルレンジモデル
「Retina 4Kディスプレイ3.0GHzプロセッサ1TBストレージ」
3.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.5GHz
8GB 2,400MHzメモリ(オプションで最大16GBに変更可能)
1TBハードドライブ1
Radeon Pro 555(2GBビデオメモリ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
4,096 × 2,304ピクセル解像度のRetina 4K P3ディスプレイ
価格は142,800 (税別)

ミドルモデル「Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサに、1TBストレージ」、4,096×2,304ピクセルの解像度を持つRetina 4K P3ディスプレイを搭載する。前述のエントリーモデルに比べて、4倍近い情報量を一度に表示することができる。
加えて、グラフィックス専用プロセッサとして、Radeon Pro 555(2GBビデオメモリ搭載)を備えている。
動画や3Dゲームなどが目的なら、ミドルモデルか、ハイエンドモデルを購入したほうがよいだろう。

ハイエンドモデル
「Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージ」
3.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.8GHz
8GB 2,400MHzメモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
1TB Fusion Drive
Radeon Pro 560(4GBビデオメモリ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
4,096 × 2,304ピクセル解像度のRetina 4K P3ディスプレイ
 価格は16万4,800円 (税別)

ハイエンドモデル「Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージ」の場合、2万2,000円(税別)を追加すれば、3.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.2GHz)に変更することが可能だ。

ハイエンドモデル「Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージ」は、エントリーモデルに比べて4万4,800円(税別)高い計算になるが、CPUやストレージ、ディスプレイが圧倒的にハイグレード。その価格に見合うだけの基本性能を備えている。カスタマイズすれば、さらなる高みに、のぼり詰めることができる。

Apple直販の場合、CPUやメモリ、ストレージなどのアップグレードが行える。





●CPUも画面も別格!27インチiMac
27インチiMacは、画面の大きさが21.5インチよりも大きいだけではない。
21.5インチiMacの上位モデルという位置づけで、基本性能が大幅に強化されている。

こちらも基本性能が異なる3つのベースモデルが用意されている。

ローエンドモデル,
「Retina 5Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージ」
3.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.8GHz
8GB 2,400MHzメモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
1TB Fusion Drive
Radeon Pro 570(4GBビデオメモリ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
5,120 × 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ
価格は19万8,800円 (税別) 。

ミドルレンジモデル
「Retina 5Kディスプレイ3.5GHzプロセッサ1TBストレージ」
3.5GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大4.1GHz
8GB 2,400MHzメモリ(オプションで最大64GBに変更可能)
1TB Fusion Drive
Radeon Pro 575(4GBビデオメモリ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
5,120 × 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ
価格は22万800円 (税別)

ハイエンドモデル
「Retina 5Kディスプレイ3.8GHzプロセッサ2TBストレージ」
3.8GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大4.2GHz
8GB 2,400MHzメモリ(オプションで最大64GBに変更可能)
2TB Fusion Drive
Radeon Pro 580(8GBビデオメモリ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
5,120 × 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ
25万3,800円 (税別)

すべてのモデルが3.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ、1TB超のFusion Driveを搭載しており、21.5インチのハイエンドモデル以上の基本性能を備える。

もっとも顕著なのは画面で、「5,120 × 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3ディスプレイ」を備える。画面を大きくしたぶん、解像度を高めることができたわけだ。デザインを職業としている人だけでなく、エンジニアであれば、広い作業領域を活かしてプログラミングを行えるだろう。

27インチiMacも、Apple直販の場合、CPUやメモリ、ストレージなどのアップグレードが行える。





■Fusion Driveって、なに?
ここで、21.5インチのハイエンドモデルと、27インチの全モデルが搭載するFusion Driveについて軽く触れておこう。

SSDはHDDに比べてアクセスが高速であり、物理的な障害にも強いが、かなり高価だ。
一方、HDDは同容量のSSDよりも安価な反面、アクセス速度はSSDに劣る。

Fusion Driveとは、ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)を組み合わせたハイブリッドストレージ.で、両者のいいとこ取りをしたようなドライブなのだ。

Fusion Driveは、
・アクセス頻度が高いデータは高速なSSD
・アクセス頻度が低いデータはHDD
といったように、データ利用によって保存先を変える。

これらの動作は、MacOSが、自動で判断して対処してくれる。
ユーザーは、何も面倒なことをしなくてもよく、手間もかからないのだ。






ITライフハック 関口哲司