『アイ・ラブ・ディック』

写真拡大

米Entertainment Weeklyに「人間愛に溢れ、思慮に富んだ風刺が効いた作品」と評された、ケヴィン・ベーコン(『ザ・フォロイング』『ミスティック・リバー』)主演のAmazonオリジナルドラマ『アイ・ラブ・ディック』。本作が本日6月9日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信され、それに伴い予告編も解禁となった。

原作は、脚本家としても活躍するクリス・クラウスによる、テキサス州マーファにある華やかな文化人たちのコミュニティを舞台にしたカルト小説。夫のシルヴェールと良い関係を築けていない女性クリスが、カリスマ的な大学教授ディックと出会ったことで始まった三角関係の中、愛と一夫一婦制についての先入観をひっくり返されていく...というストーリーだ。

この奇妙な関係を生々しく演じたのは、ディック役のケヴィンのほか、クリス役のキャスリン・ハーン(『女検死医ジョーダン』『トランスペアレント』)とシルヴェール役のグリフィン・ダン(『ダメージ』『ダラス・バイヤーズクラブ』)。監督の一人を、同じくAmazonで配信されたコメディドラマ『トランスペアレント』でエミー賞監督賞に2度輝いたジル・ソロウェイが務めている。

予告編では、ケヴィンの壁ドンや、半裸で羊を抱えて微笑む姿など、彼がただの大学教授ではないことが十分に伝わってくる要素が満載。日本でも本作を視聴した人たちが、早くもケヴィンの色っぽさやかっこよさについてコメントを寄せている。この予告編は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

『アイ・ラブ・ディック』はAmazonプライム・ビデオにて配信中。(海外ドラマNAVI)