冷やすとラベルの氷が…!?コカ・コーラの限定パッケージ

写真拡大 (全3枚)

夏においしい冷た〜い炭酸飲料。コカ・コーラシステムは、冷やすと氷のイラストが浮き上がるように変化して、キンキンに冷えたことが一目でわかる新パッケージの「コカ・コーラ」コールドサインボトル、「コカ・コーラ ゼロ」コールドサインボトルを、6月19日(月)から全国で期間限定発売する。

コールドサインボトルは、暑い夏にキンキンに冷えた「コカ・コーラ」を飲んでもらいたいとの思いから開発された新パッケージ。あらかじめ設定した温度になると発色する示温インクをパッケージラベルに使用した、日本で導入する「コカ・コーラ」PETボトル製品としては初めての製品だ。

冷蔵庫や自動販売機に入れて、ボトルがキンキンに冷えると、ラベルに描かれた氷のイラストが浮き上がり、「コカ・コーラ」をおいしく楽しめる温度になったことをビジュアルでダイレクトに伝える。もちろん家庭用の冷蔵庫やクーラーボックスで冷やしてもコールドサインボトルを楽しめる。

価格は、「コカ・コーラ」コールドサインボトルは500ml PET:140円/1L PET:232円/1.5L PET:320円(すべて税抜)、「コカ・コーラ ゼロ」コールドサインボトルは500ml PET:140円/1.5L PET:320円(すべて税抜)となっている。

また、同日より“アツい夏こそ、キン冷えコーク!”をキーメッセージに、2017年「コカ・コーラ」サマーキャンペーンを全国でスタート。コールドサインボトルで夏のひとときをいっそう楽しんで!