出典:https://www.shutterstock.com

あなたは男性からおごられる際、気を付けていることはありますか?

世代により、また、カップルか否かにもより、おごるおごられるの価値観には差異があるもの。

異論もあるかもしれませんが、おごった男性が気持ちよくなれるようにおごられるのも、ステキな女性のたしなみではないでしょうか。

男性が「次はない」と思うNGなおごられ方を、ステキなおごられ方から紐解き、お会計でも魅せることのできる女性を目指しましょう。

 

■遠慮の引き際を知っている

お会計時に一番面倒くさくなるのが、男女の“おごる”“おごられない”の遠慮のし合いです。

お互いに引き際を知らない押し問答には、誰よりも一番店員さんが困ってしまうことでしょう。

女性の中には、デートは男性におごられるのが当たり前と思っている女性もいれば、男性におごられたくないと思う女性もいます。

男性もなかなか見極めるのが難しい為、おごられたくない派の女性は、きっぱりとおごられたくない旨を伝えた方が、男性としても引くことができます。

ただ、ステキな女性は男性に良い恰好をさせてくれるものです。遠慮はそこそこに、気持ちよくおごらせてあげれば、男性もそれを嬉しく思ってくれますよ。

 

■「美味しかった!」それだけで男は満足?

おごるおごらないに関係なく、料理の過度な評価はタブー。

どちらかと言えば、男性の方がウンチクを交えてアレコレと評論しがちなような気もしますが……。

男性が食事デートで何が嬉しいかと言えば、彼女が満面の笑みで「美味しかった」と言ってくれること。

その飲食店がまずかったならば、ウソをついてまで「美味しかった」と言う必要はないと思いますが、美味しかったならば、心のままに「美味しかった」と伝えてあげましょう。

デートに誘った男性からしてみれば、それ以上の誉れはないのです。

 

■過度なお礼や心配は無用

おごった後、過度にお礼や金銭の心配をする女性がいます。その気持ちは男性も嬉しく思うでしょうが、過度にお礼や心配をされても、男性にとってはあまり気持ちのいいものではありません。

おごる側のわがままかもしれませんが、過度なお礼や心配をされるよりも、純粋に喜んでくれた方が嬉しいものなのです。

心配されるならば、「おごってもらってラッキー」と思ってくれた方が、おごった側も気持ちがいいはず。

おごられたことに何も気負いする必要はありません。

彼のお財布事情を心配したり、お礼を尽くしたい気持ちはわかりますが、お礼は適度に済ませるのが、ステキな女性の所作ではないでしょうか。

 

おごる、おごらないでケンカに発展することもあります。

元をただせばどちらも善意だったはずですが、善意だからこそこじれると厄介なのです。

男性におごられる機会があれば、気持ちよくおごられるステキな女性を魅せて下さいね。

【画像】

※ Nejron Photo/shutterstock

【関連記事】

※ モテる女はやっている!彼が「尽くしたくなる」振る舞い

※ もうメロメロ!エッチの後に男を喜ばせるLINEテクニック

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【リアル「あなそれ」編】

※ ホテル、行っちゃう?気になる彼と「大人の関係」になるための秘技

※ もう一回しよ。「キスの後」に男性をドキッとさせるひと言

※ 思わずグッとくる!男がデート中に出されると喜ぶアイテム