6月9日(金)都内で記者会見が行われ、X JAPANメンバーのToshl、 PATA、 HEATH及び、主催であるUDO音楽事務所から、「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」の日本公演(7月11日(火)12日(水)=大阪城ホール、 7月14日(金)15日(土)16日(日)17日(月祝)=横浜アリーナ)を、 アコースティックコンサートに内容を変更し実施する事が発表された。

ツアータイトルは「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle〜奇跡の夜〜6DAYS」に変更される。

先日の頚椎人工椎間板置換手術が無事成功し、すでにリハビリを開始しているYOSHIKIだが、医師からは、以前と同じようにドラムを叩く事ができるようになるかどうか、正直なところ現時点ではわからないと言われているようで、最低でも術後6カ月は激しい運動を避けるようにとの指示が出ている為、当面はドラムプレイができない状態にある。そんな中YOSHIKI本人より、 自身の手術により予定していた今回のコンサートを中止にする事は避けたく、公演実施が可能な方法がないか模索したいとの申し出があり、連絡を受けたメンバーがそれに同調。

プロモーターやYOSHIKIの米エージェントであるウィリアムモリスとの協議を重ね、リハビリスケジュールや回復予定時期などの医師からのアドバイスを踏まえ、現在の本人の状況を考慮した上で、本公演ではYOSHIKIはピアノ演奏のみとする「アコースティック」の形へ内容を変更しコンサートを決行すると、本日の会見でX JAPANメンバーから説明があった。

途中、現在LAでリハビリ中のYOSHIKIが、急遽ロサンゼルスから電話でメッセージを寄せ、X JAPANメンバーから発表があった日本ツアー決行について、「前に進みたい。 コンサートをやらせていただきたいです。 」と話したあと、司会者からの問いかけに、 今夏に予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー「EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA & OSAKA & TOKYO JAPAN」も予定通り決行されるということが発表された。

今回の日本公演実施を決断した事についてYOSHIKIは手術を受ける事を決めた時、このツアーを目標に手術を乗り越えようと心に決めていたという。世界中のファンの方が自分を気遣ってくれているのはものすごく嬉しい事。だが「自分で決めていたこの目標はどうしても達成したいと思っている。」と口にし、ツアーという目標があったからこそ今回の手術が乗り切れた事、 そしてその言葉からは、現在の自身の体に対する不安は抱えつつも、 すでに7月のライブをしっかりと見据えている事が感じられた。

術後の調子や現在の体調を聞く限り、大変な痛みを伴うリハビリは決して順調とは言えないのかもしれない。手術後すぐに、 YOSHIKIは自分で歩行できず、そして呼吸もできない状態で、指が動くか心配になり、スタジオに向かった。そして現在は、 口から首のあたりにかけての感覚がなく、左手に電気が走ったような痛みを伴っているという状態ではあるが、「できる限り体を動かすように」との医師からの指示をきちんと守り、 回復に向け自身の体と真剣に向き合っているところを見ると、 来月に控えるライブに今すべての照準を合わせている事がうかがえる。

今から26年前、一度だけアコースティックスタイルのライブが行われた事がある。まだ彼らが「X」だった91年、「静かなX」と題されたその日のライブでは、YOSHIKIはドラムを叩かず、メンバーがアコースティックギターを持って登場したりと、 非常に貴重なまさに“もう二度とは見れないX”だったと、 古くからのファンの間では伝説と化している。

YOSHIKIの手術という大変ショッキングな出来事がきっかけにはなってしまったが、もしかすると“もう二度とは見れない”と言われたあの日のような伝説のライブを、また再び体感できる事になるかもしれない。7月のコンサートは「静かなX」ならぬ、今度は「優雅なX JAPAN」として、ストリングスを従えた彼らが作りあげるアコースティックの枠を超えた、まさにタイトル通り“奇跡の夜”になるのではないだろうか。

YOSHIKIからは、最後に「心配を掛けたファンには本当に申し訳ない」というお詫びとともに、 「ステージに立つ以上は、感動を与える」ということが、力強い言葉とともに約束された。

<主催者 UDO音楽事務所コメント>
この度のX JAPAN日本ツアーは、応募が殺到し、お陰様で全公演が即SOLD OUTとなりました。 そんな中、リーダーでありドラム、ピアノ担当のYOSHIKI様の手術という緊急事態により、多くのファンの皆様、また関係各社の皆様にご心配をお掛けする事となりましたが、大変多くの励まし、応援のお言葉を頂戴し心より御礼申し上げます。本日発表がありました通り、ストリングスを入れるなど当初の予定とは異なる、アコースティックの形への公演内容変更により、チケットの払い戻しをご希望の方は、お買い求めのプレイガイド等で受付致しますので、詳細はウドー音楽事務所HPをご覧ください。

<Toshlコメント>
「我々も、これからまた闘う気持ちで全力でYOSHIKIをサポートします。 コンサートでは、ファンの皆さんとも、 この時期にしか見られないX JAPANを一緒に共有して、一緒に感動したいと思っています。」

<PATAコメント>
「もうすぐ会えると思うけど、 YOSHIKI頑張れよ!みなさん、7月はよろしくお願いします。」

<HEATHコメント>
「初のアコースティックコンサートということで、 きっと皆さんに感動してもらえるようベストを尽くしますので応援の程よろしくお願いいたします。」

<SUGIZOコメント>
「どんな状況であろうとも、全力を尽くします。どんなに苦境になろうとも、全霊で臨みます。それが僕の役目だと思っています。」