【12星座お金持ちの道】射手座は動くほど吉! 旅行が金運上昇のきっかけに

写真拡大

――お金持ちになる道は、ひとつではありません。どうせなら、自分が持って生まれた能力を生かして豊かになりたいと思いませんか。12星座の特徴と個性を生かした「お金持ちへの道」を紹介していきます。

■射手座の生まれながらの金運
 射手座は、「お金に困らない」という恵まれた金運を持って生まれてきました。困ったときには必ず助けてもらえる運命なのです。「大丈夫なんとかなる」という安心感が、射手座の楽天性の原点です。お金への執着心は少ないのですが、その無欲さが逆にお金を呼びこみます。

■射手座がお金持ちになるには?
 射手座は博愛の星座。人のため、世の中のため、世界のためと思うほどに、大きな力を発揮できるのです。自分がお金持ちになるためにではなく、社会に貢献するために行動すれば、自然といつしか大きなお金が入るようになってきます。仕事でも日常生活でも、目先の細かなことにこだわらずに、大きな心で、長いスパンで時勢の流れを俯瞰して見ることが大事です。心の余裕が金運を招きます。

■射手座の金運上昇サイン
 射手座は行動することで運気を上げていく星座。活動するほど、お金が入ってきます。仕事が営業なら、当然ながらあちこち飛び回るほどに成績も右肩上がりで伸びていきます。本業がデスクワークでも、休日ごとに外出し、アフターファイブも出かけることが多いなら、金運は上昇してきているはず。また射手座の場合、旅が金運上昇のきっかけになることも多いのです。

■これはまずい! 射手座の貧乏サイン
 お金に困らない射手座の唯一の泣き所は、賭けごと。金運が下がってきたときほど、賭けごとで取り戻せると思ってしまうのです。本来、射手座のチャレンジ精神は、仕事へのやる気や、新規事業への大胆な投資など、本業で発揮されるべきもの。抽選券がもらえるからと、必要ないのに買ってしまったり、当たりが出るまで買い続けてしまったりしたら、金運低下の貧乏サインなので要注意。

■射手座の金運ラッキーアイテム
 射手座の金運ラッキーアイテムは、「馬蹄形」。ヨーロッパで古来、ラッキーチャームとされており、魔よけでもあり、幸運と財をつかむお守りとしても用いられてきました。半神半馬の射手座は、みずから幸運を探しに出かけていく行動力の人。馬蹄のお守りは、射手座を力強くサポートしてくれます。

 占い=恋占いとは限りません。古来、人々が一番知りたがったのは、狩りの成果や作物の実り、取引など、富を得る方法でした。占いは、そんな人間の根源的な欲求に応えてきた、英知のひとつなのです。
(高橋桐矢)※画像出典/shutterstock