Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2002年にスタートした、大人のための音楽会「ディズニー・オン・クラシック」が今年記念すべき15周年を迎える。この度、15周年ツアーのテーマを「Brillante 〜輝きの未来へ」とし、『塔の上のラプンツェル』をメイン演目に、「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会」と題し9月から12月に全国39都市、56公演を開催することが決定した。
ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの名曲の数々を、スクリーンに映し出される映像やスペクタクルな舞台演出と共に、フルオーケストラとニューヨークで活躍する8人のミュージカル歌手によるライブ演奏で贈る大人のための音楽会「ディズニー・オン・クラシック」。

今年の「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会」は、全編ゲストのリクエスト曲で構成。オープニングはブラッド・ケリーが新たに編曲した「15周年記念 ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 組曲:“ORIGIN 2002”」。2002年の第1回目公演で演奏された全曲を、スペシャル・メドレーで演奏。また、“ゲスト・リクエスト・セレクション”では、リクエストが多かった『ヘラクレス』より 「ゴー・ ザ・ディスタンス」、『ターザン』より「トゥー・ワールズ」、東京ディズニーシー(R)「ストームライダー組曲」の3曲を。“ルーレット・セレクション”では、12曲のノミネート曲の中から、その日演奏する2曲を、観客と一緒にルーレットで選ぶコーナーを企画。第1部の最後は、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのエプコットで人気のショー「イルミネーションズ」より、「リフレクション・オブ・アース」と「ウィー・ゴー・オン」の2曲でフルオーケストラの醍醐味が味わえるようになっている。

そしてコンサートの第2部では、勇気を胸に夢をかなえようとする主人公を描く『塔の上のラプンツェル』の物語と音楽を“まるごと”フィーチャー。毎年、「ディズニー・オン・クラシックで聴きたい曲」の上位にランクインし続けていた人気作品が、ついに初めてのメイン演目として登場。「自由への扉」「誰にでも夢はある」「お母様はあなたの味方」「輝く未来」など物語全編の楽曲を、ステージ上のスクリーンに映し出される物語の名場面と共に、フルオーケストラで演奏する。

なお、出演者は「ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会」の第1回(2002年)より指揮・編曲を務め、14年間で通算500回ものコンサートを大成功へと導いてきたブラッド・ケリーが今回も指揮&編曲。ヴォーカリストには、ミュージカルの本場ブロードウェイで行われたオーディションで約800名の応募者の中から選ばれた、8人の男女たちがニューヨークから来日。オーケストラは、2015年春の創立と共に「ディズニー・オン・クラシック〜春の音楽祭 2015」にてデビュー、その後「ディズニー・オン・クラシック」を始め「ピクサー・イン・コンサート 2016」「オリンピックコンサート」など、ジャンルや既存のオーケストラの在り方にとらわれることなく、音楽への情熱をひたむきに表現する姿勢と演奏で大反響を呼ぶ「オーケストラ・ジャパン」が務める。

「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2017」は9月21日(木)〜12月24日(日)、文京シビックホールを皮切りに全国39都市56公演を開催。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
『モアナと伝説の海』『美女と野獣』がフルオーケストラで!「ディズニー・オン・クラシック2017」
「レット・イット・ゴー」ほか『アナ雪』全曲披露!「ディズニー・オン・クラシック 2016」
「ディズニー・オン・クラシック」にMay.Jが出演!「レットイットゴー」を披露
【ディズニー】6月9日はドナルドダックの“誕生日”!お祝いデートの準備に大慌て!?動画公開
【ディズニー】“ウィッシングカード”は10種類!夢や願いを書いて過ごす「ディズニー七夕デイズ」