「Sisyphus」

Kickstarterでの資金調達に成功した、アートなテーブル「Sisyphus」が、出荷まで4ヶ月を切っている。

 

本製品は、木製の枠を持つ円形のガラステーブル。ガラスの下に敷き詰められた砂の上では、パチンコ玉のような鉄球を磁力で動かし、美しい模様を描き出すことができる。

「Sisyphus」の模様イメージ

テーブルの名前「Sisyphus」(シーシュポス)は、神を欺いたために永久に岩を押し上げ続ける苦行をかせられたギリシャ神話の登場人物から名づけられたもので、その逸話は日本では賽の河原を思わせるが、実際に描かれる砂紋は美しいデザインを永遠に描き続け、悠久の時を思わせる美しさを持っている。

 

登録されている模様のパターンは25種類以上で、自動で模様を描いたり、ios/Androidスマートフォンで制御して、模様を選んだり、バックライトの調節が可能になる予定だ。また、アプリのアップデートにより、新しい模様の追加やオリジナルの模様を登録できるようになるかもしれない。

アプリでの操作イメージ

テーブルは大きさの異なる3タイプが用意され、残念ながら追加購入は受け付けていない。ただ、Kickstarterでの現状報告では、順調にテーブルの製造工程が進んでいることを明らかにしており、生産体制が整ったら、追加の募集があるかもしれない。

「Sisyphus」

URL:https://www.kickstarter.com/projects/1199521315/sisyphus-the-kinetic-art-table/description

2017/06/09

 


▷こちらもおすすめ

ドン・キホーテがPBで4Kテレビ最安値に挑戦!50V型を5万4800円で発売

 

Apple、iCloudの価格改定。無料5GB+有料の50GB/200GB/2TBに

 

話題の回転おもちゃ「ハンドスピナー」を装着したiPhoneケースが続々登場