「雲が描いた月明かり」キム・ユジョン“気恥ずかしくなるようなシーン…スタッフからも冷やかされました”

写真拡大 (全4枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

パク・ボゴム&キム・ユジョン主演の超話題作「雲が描いた月明り」のDVD&Blu-rayが好評リリース中! 今回、DVD&Blu-rayリリースを記念して、キム・ユジョンのインタビューが到着! 本作で演じた少女ラオンと男装したサムノムの魅力や見どころ、演技について語ってくれた。

【プレゼント】キム・ユジョン直筆サイン入りポラ&「雲が描いた月明り」プレスシートを各1名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――台本を読んだ時の印象はどうでしたか?

キム・ユジョン:今回は台本よりも先に原作を読んでいたんです。とても新鮮で、おもしろくて、かわいらしくて、はつらつとした印象でした。初めて台本をいただいた時も楽しいのでスラスラ読めました。前向きになれる気がしました。こんな作品に巡り合えてとてもうれしく思いました。

――出演した感想はいかがですか?

キム・ユジョン:このような素晴らしい作品に巡り合えて幸せですし、演じる役に恵まれたおかげで、みなさんに愛されました。楽しい撮影でした。スタッフや先輩と親しくなれたので撮影が終わって別れるのがつらかったです。

「サムノムの影響で今の私は前よりおちゃめで自由な雰囲気になった」

――今回演じたホン・ラオンについて教えてください。

キム・ユジョン:ラオンはある事情から仕方なく女の子であることを隠し、普段から男の子の格好をして暮らしています。前半ではサムノムという男の子の名前で登場します。サムノムは旅芸人で明るくはつらつとした少年です。後半ではラオン本来の少女の顔をのぞかせます。愛する人に出会い本当の自分を見せることができたのです。ドラマが進むにしたがって心の奥深く秘めていた女の子らしい一面を少女の姿で少しずつ見せていきます。

――少女ラオンと男の子サムノムのそれぞれの魅力とは?

キム・ユジョン:前半でのサムノムの時の姿はとてもかわいいです。男の子ですが、とても愛らしいですね。女が男をマネるような演技ではなく本当の男の子に見えるように努力しました。とても愛らしいので、誰もが、つい、かまいたくなるそんな魅力を持った子です。少女ラオンは女として振る舞うことに戸惑いながらも、本当の自分を見せることができて喜びを感じます。なので、愛する人の前ではラオンができる限り女の子らしく見えるように演じたいと思いましたし、上品でかわいいところがラオンの魅力だと思います。ドラマでは、彼女のそういった姿をお見せできたと思います。

――サムノムを演じて影響を受けた点はありますか?

キム・ユジョン:そうですねぇ。まずサムノムはとても世渡り上手なんです。どんな状況でもうまく切り抜けますし、自由奔放です。前半でサムノムを演じながら私自身も影響を受けました。今の私は以前よりおちゃめになり自由な雰囲気になったと思います。

――サムノムとユジョンさんの共通点は?

キム・ユジョン:サムノムのように自由奔放であちこち出歩く、そんな点は似ています。

「ラオンは演じている間にも変化…私が追いかけている感じでした」

――ラオンとユジョンさんの異なる点は?

キム・ユジョン:それは少し難しい質問です。なぜかと言うと、ラオンのキャラクターは演じている間にも変化していきました。彼女はまだ成長過程にあったので私が追いかけている感じでした。なので、違う点はと言われてもうまく説明できないんです。とにかく私とラオンでは状況が違いすぎます。

――サムノムを演じる時に気をつけたことはありますか?

キム・ユジョン:最初は私も心配でした。サムノムはとてもかわいらしくて誰からも愛される人物です。前向きなオーラがあります。そんな人物を私がうまく演じられるかとても心配でした。どんな状況でも切り抜けるたくましさや奔走する姿も自然に見えるように監督と話し合いながら練習しました。

――実際の演技の出来はいかがでしたか?

キム・ユジョン:残念ながら自分自身では100%満足とは言えませんし、自分が望んでいたところまでは到達できませんでした。でも、みなさんがラオンやサムノムを応援してくださって感謝しています。穴に落ちたりヨンと争ったり、内侍の試験でしかめっ面をしたり、このドラマならではの魅力だと思いますし、私自身もドラマをとても楽しんで見ていました。

――主役を演じるプレッシャーはありましたか?

キム・ユジョン:ないわけがないですよね。もちろんありましたよ(笑) 本当にいい作品ですからね。でも主役としてのプレッシャーよりもうまく演じられるかが心配でした。ラオンというキャラクターがとてもいいキャラクターで、人々に笑顔を与えるような前向きなエネルギーを持っている人物です。そんな魅力的な人物を、果たしてうまく演じきれるだろうかと心配になりましたし、自分の演技力で果たして大丈夫だろうかと怖くなったりもしました。

「普段は経験できない男装…役者としては貴重な経験になりました」

――男装をした感想は?

キム・ユジョン:とにかく楽しかったです。普段の生活では経験できないことじゃないですか。ひとつの作品で男女の二役を演じることも、役者としては貴重な経験になりました。とても多くのことを学べたように思います。体力的には大変でしたが、またとない機会なので楽しんで演じました。

――男性と女性の服装ではどちらが楽でしたか?

キム・ユジョン:そうですね。どちらも一長一短です。まず、男性の服装について感じたことをお話しします。下はズボンなので楽に動けますが、礼装の時は上着の下にもきちんと着るものがあるんです。身分が低い時の服装は楽に動けましたけど、(内官になって) 礼装の時は上着の下に3枚も着なければいけなかったのでとても大変でした。肩も凝りました。女性の服装はスカートが長いので、裾が脚にまとわりついたりして動きづらいです。でも着る楽しみがありました。普段はあんなに美しい韓服を着る機会があまりないので、とても楽しく撮影にできました。

――男装をした女性を演じる時に、気をつけたことは?

キム・ユジョン:ラオンがサムノムの姿でいる時は、ラオンは男の子のフリをするのではありませんし、女の子か男の子か分からないような感じの子になるのでもありません。サムノムは本当に幼い少年なんです。初めて台本を読んだ時にそう感じました。「女の子みたいに見えるけど男の子だったのか」と、そんなふうに思える子なんです。自由気ままで活発で、小さな頃から男装して育った子なんですね。だから演じる時も、自然な少年のしぐさの演技になるように心がけました。

「気恥ずかしくなるようなシーン…スタッフからも冷やかされました」

――パク・ボゴムさんとの共演はいかがでしたか?

キム・ユジョン:本当に楽しかったです。お互い助け合えるありがたい存在でした。とても感謝しています。

――おすすめの胸キュンシーンは?

キム・ユジョン:気恥ずかしくなるようなシーンが多かったんです。スタッフからも冷やかされました。胸キュンシーンというよりは幸せな気分になったシーンならあります。私が王宮を出て、ヨンと離れ離れになりました。お互い別の場所で月を見ながらあるシーンを思い出すんです。2人で寄り添って話すシーンなのですが、そのシーンの撮影の時は、本当にパク・ボゴムさんと久しぶりに会って撮影に臨んだんです。久しぶりに会ってうれしくて、リラックスして楽しい気持ちで撮影しました。撮影している時も感じましたが、良いシーンだったんじゃないかと思います。

――ドラマの前半と後半で気持ちに変化はありましたか?

キム・ユジョン:前半はラオンの明るいシーンが多いのですが、後半では切ないシーンや違い思い悩むシーンが多くて演じるのは大変でしたが、学ぶことも多く楽しかったです。

「スタッフや共演者…お互い分かり合えて協力して撮影できました」

――共演者の方々とのエピソードは?

キム・ユジョン:特定の方とのエピソードと言うよりは、撮影すべてがエピソードでいっぱいで、思い出すエピソードは、すべての撮影のことです。とても楽しかったです。お互い分かり合えて協力して撮影できました。(B1A4の) ジニョンさんやクァク・ドンヨンさんだけでなく皆さんと協力して楽しく撮影しました。

――特に印象深いシーンはありますか?

キム・ユジョン:まず、思い出すのは穴のシーンです。スタッフや監督、パク・ボゴムさんも同じでしょう。あの穴のシーンを撮ってから互いに呼吸が合い始めました。とても大変な撮影でしたが、撮影自体は楽しかったですし、苦労して撮影した甲斐があって、楽しい雰囲気をうまく伝えられてうれしかったですね。

――アクションシーンで大変だったことは?

キム・ユジョン:私は本格的なアクションはやりませんでした。本格的なアクションは男性陣がやりました。でも大変だったと思ったシーンならあります。短い回想シーンでしたが、逆さまになって木につり下げられるシーンでした。あのシーンの時は逆さまにされて頭に血が行ってしまって、うまくセリフが言えませんでした。元々は代役を使って撮影する予定でしたが、動きが違うと言われて私がやりました。下りてからも頭がぼうっとしてしまい、慌てて下りようとして、おでこを張ってあるワイヤーにぶつけました。あのシーンの撮影では鼻もケガしました。ぼんやりしてしまったんです。顔も映らないくらい一瞬のシーンで、撮影時間は短かったんですが大変でした。

――大変でしたね。ユジョンさんは、スポーツが好きだと聞きましたが、どんなスポーツが好きですか?

キム・ユジョン:嫌いな運動はありません何でも好きです。あえて挙げるとすれば球技が好きです。ボールを使うスポーツですね。

――ドッジボールでは最後まで残っていましたか?

キム・ユジョン:上手な人は残らず攻撃に回るんですよ。韓国の女の子はだいたいドッジボールが得意なんですよ。学校でもよくやってますからね。ボールを使ったスポーツが昔から好きでしたよ。車がついたもの、例えばスケボーなどに乗るのも好きです。

――学校では、友だちとどんな話をしますか? 友達から恋愛相談を受けたりしますか?

キム・ユジョン:友達と話していると当然恋愛の話も出ます。あいづちを打ちながら聞いてます。友達としてアドバイスもします。客観的な立場で、でも友達が傷つかない方向でアドバイスすることが多いです。

「撮影現場は全員がムードメーカー!とにかく仲がよくて家族や友達のようでした」

――撮影現場でのムードメーカーは?

キム・ユジョン:撮影現場では全員がムードメーカーでした。毎日変わるんです。日によって監督やスタッフだったり、パク・ボゴムさんやジニョンさんだったりしました。とにかく仲がよくて家族とか友達のような感じでした。年齢的には私が一番年下でしたが和気あいあいと楽しく撮影できました。

――ムードメーカーがユジョンさんの日もありましたか?

キム・ユジョン:はい、一番年下だったので、ムードメーカーになって雰囲気を盛り上げようと努めました。ドラマの役柄と同じようにパワーの源になりたかったですし、ラオンのような役割を果たそうと思いました。

――本作はユジョンさんにとってどんな作品になりましたか?

キム・ユジョン:そうですね。とにかく目覚めたくない夢のようでした。いい夢だと目覚めるのがイヤでまた寝たくなりますよね。そんな作品でした。

――日本のファンのみなさんにメッセージをお願いします。

キム・ユジョン:「雲が描いた月明り」をぜひご覧ください。このドラマを通じてステキな思い出を作ってください。今後も頑張ります。応援よろしくお願いします。

「雲が描いた月明り」DVD&Blu-ray情報

●好評発売中
・DVD-SET1 130分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET1 130分特典映像DVDディスク付

●7月4日(火) 発売
・DVD-SET2 140分特典映像 DVDディスク付(お試しBlu-ray付き)
・Blu-ray SET2 140分特典映像 DVDディスク付

※同時DVDレンタル開始
DVD 各19,000 円+税
Blu-ray 各21,000 円+税

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) Love in Moonlight SPC All rights reserved
公式サイト:http://kandera.jp/sp/kumo/
予告編:https://youtu.be/Nywj5JBTA3M

▼CS放送局・衛星劇場
2017年6月20日(火) 毎週火曜日 午後11:00〜※2話連続放送(全18話)

●「雲が描いた月明り〜オリジナル サウンドトラック」好評発売中
3,800円+税、発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント