落ち込んだ時、回復力の高い ヨガポーズ3選

写真拡大 (全3枚)

心の不調は体を動かすと回復が早い

心がどーんと落ち込んでしまった時、気持ちを切り替えて頑張ろうって思っても、なかなか切り替えられない…なんて経験、ありませんか? 心ってコントロールするのが本当に難しい。でも、毎日を何とかこなすためには、心を一定のところで保つのは必須。だったら、どうすればいいんでしょう。ーーそういう時にうってつけのサポーターが、実はヨガなのです。

ヨガはそもそも心をコントロールするのが目的のメソッド。そのためにいろいろな方法を考えて、たどり着いたのが、ポーズを取ることなんです。体を動かしてると、もやもやしていたことを忘れちゃったり、頑張る気力が湧いてきたりしますよね。体を動かすと心も動くという効果に、昔の人も気づいてたからなんです。

落ち込んだ時にオススメのポーズ3つ

ということで、ヨガのポーズで体を動かして、心を動かす方法で心をコントロールしましょう。気持ちが落ち込んでしまった時、その気持ちの解消の仕方は3つ。以下の方法から選んでみて。オススメのポーズも紹介してます。

01
心を落ち着かせて冷静になる
まあ、こんな風にすれば大丈夫、と自分を客観的に見る方法。

オススメのポーズ
【前屈】
足を伸ばして座り、息をゆっくり吐きながら、それに合わせて上半身を前に倒します。体が硬くて、かえってシンドイ人は、足の上にクッションを置いてもOK。上半身を預けて力を抜きましょう。下を向いて体の前面を守った姿勢でいると、じんわりと気持ちが落ち着いてきて、自分をいたわる優しさが生まれます。その姿勢でしばらくいると、冷静になって、自分を客観的にみられるようになります。

02
心を開いて気持ちを大きくする
こんなこともあるよね〜、と深刻にならない方法。

オススメのポーズ
【英雄1】
息を吐きながら足を前後に開いて、前の足はヒザを曲げ、後ろ足は伸ばしたままに。続けて、息を吸いながら、両手を天井のほうに上げます。肺が大きく広がり、呼吸がしやすくなるはずです。少し気持ち良さを味わったら、息を吐きながら手を下ろして、前足を伸ばします。足の位置は変えずに、体の向きを180度回転し、反対の足でもう一度。
体の前面を大きく伸ばしているので、狭くなっていた心が広がり、気持ちに余裕が出てきます。

03
スッキリとすっぱり忘れて、やり直す
後悔しても始まらない、先のことはわからない、と今だけにベストを尽くす方法。

オススメのポーズ【太陽礼拝】
呼吸に合わせて、体を動かし続けるシークエンス。これを数回続けていると、呼吸に合わせてポーズを取ることに夢中になり、余計なことを考えなくなります。終わった時の達成感はハンパない! 5回ぐらい続けましょう。

人生山あり谷あり。いいこともあれば、嫌なこともあります。嫌なことは、これから起こる、もしくは起こすいいことの方法が違うかも、と教えてくれているだけ。それを糧に、新たなスキルを身につけましょう。

 

ライター:豊田紗江