7日、騰訊科技によると、韓国京畿道水原市のサムスン電子工場で、従業員の男が2年にわたってスマートフォン(スマホ)計8474台を盗み出し、中古品業者に売り飛ばしていたことが分かった。写真はサムスンのスマートフォン。

写真拡大

2017年6月7日、騰訊科技によると、韓国京畿道水原市のサムスン電子工場で、従業員の男が2年にわたってスマートフォン(スマホ)計8474台を盗み出し、中古品業者に売り飛ばしていたことが分かった。

サムスンによると、ベトナムで発売前の機種がすでに売られていたことから横流しに気づいたという。男は14年12月から昨年11月まで勤務先の工場からスマホを盗んでいた。被害額は約8億ウォン(約8000万円)。

男は身体障害者で車椅子を使用していたため、退社時に通ることが義務付けられている金属探知機付きのゲートを通る必要がなかった。ギャンブル好きで約9億ウォン(約9000万円)の借金があったという。(翻訳・編集/大宮)