藤原竜也、伊藤英明は「時に過剰なまでに…」メイキング映像が公開

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』。6月10日(土)の公開を前に、藤原が映画や伊藤についての思いを語ったメイキング映像が解禁された。

入江悠監督が手がける本作は、1995年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人(藤原)は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道。SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

メイキング映像では、日本中を巻き込み熱狂させるカリスマ的殺人犯という曾根崎について、藤原が「1人の殺人犯、法を犯す人が出てきて、その人たちをどんな理由でも支持する傾向って多少なりともなくはないですよね。どんな理由であれ支持する人もいる」と、現代社会でも起こり得ることだと分析。支持されるきっかけとなる出版会見のシーンは、実は約1000人ものエキストラが集まったそう。「エキストラさんを前にして、僕がなぜ手記を出したのか。その経緯をずっと語るシーンなんですけど、(エキストラの方に)ナチュラルな表現をしていただいた。皆さんに支えられたシーンになったんじゃないかと思います」と、一体感を持って作り上げたことを明かしている。

また、初共演となる伊藤については「すごく繊細で深く、時に過剰なまでに脚本を読み込む方」と語り、「自分も果たしてこういう風に台本を読んで現場に入ってきただろうかと。“これは伊藤くんいらないんじゃない?”と面白半分で言ったことがあります。でも“竜也、俺は考え過ぎちゃうんだよ。俺、だから嫌われたりするんだよ”ということもおっしゃって。そこでの苦労をされている方だから強いよね」と、伊藤が現場でアイデアや自分なりの考えを主張する姿に刺激を受けたとのこと。

一方の伊藤も、藤原は以前から共演をしてみたかった役者の1人だったそうで、「彼は若い頃から知っているけど、本当に“役者さん”という感じ。人間性も誠実で熱くて、それでいて極めて冷静ですよね」とコメントを寄せた。