倉本聰原作で人気のテレビ朝日系の帯ドラマ「やすらぎの郷」に続く第2弾が決定した。黒柳徹子の半生を描く「トットちゃん!」を10月(2017年)から放送するという。主役の黒柳徹子役はまだ未定だが、子供時代は豊嶋花、母親の朝役は松下奈緒、父親の守綱役は山本耕史が演じる。

12時から1時間ぶっ通しの徹子アワー

12時からは「徹子の部屋」、12時30分からはこの「トットちゃん!」と黒柳徹子が続くことになる。「『徹子アワー』ですね」(玉川徹・テレビ朝日ディレクター)、「徹子祭りだ」(吉永みち子・作家)と茶化す。

司会の羽鳥慎一「『窓ぎわのトットちゃん』は800万部を超えるベストセラーです」

長島一茂(スポーツプロデューサー)「僕も徹子さん本人から幼少の頃の波乱万丈のエピソードを聞いています。いま言ったらよくないとは思いますが・・・」

羽鳥「大丈夫ですよ。みんな読んで知っていますから、いま言っていいですよ」

ところが、一茂は言いよどみ、「いや、もう1回読んできます」

これにはスタジオは大笑い。