ラトビア出身のエレナ・オスタペンコ【写真:Getty Images】

写真拡大

全仏女子シングルス、ラトビア出身の20歳新鋭がノーシードでV王手の快進撃

 大会も佳境に突入したテニスの全仏オープン。女子シングルスではノーシードから決勝進出を果たした20歳の愛くるしいルックスのダークホースが主役となった。ラトビアから現れた新星に、大会公式サイトも大注目している。

 ローラン・ギャロスの地で躍進を果たしているのは、ラトビア出身のエレナ・オスタペンコだ。

 世界ランキング47位につける若手有望株は、記念すべき20歳の誕生日だった8日、準決勝で世界31位ティメア・バシンスキー(スイス)を7-6、3-6、6-3とフルセットで破り、ファイナルに駒を進めた。

 英公共放送「BBC」によると、全仏オープン女子シングルスでノーシードの選手が決勝進出を果たすのは、1983年大会の旧ユーゴスラビアのミマ・ヤウソベッツ以来、実に34年ぶりの快挙となった。

 大会公式サイトの特集では「ラトビア勢としては3年前の同大会の男子でエルネスト・ガルビスが準決勝進出したことがあるが、今回は新たなレベルへとたどり着いた」と同国史上初の快挙を称えている。

 歴史的な快挙を果たした20歳の新星は準決勝後の会見で、母国のテニス環境を明かしたという。

ラトビアでは「テニスはお金のかかるスポーツ、あまり人気がないんです」

「テニスはお金のかかるスポーツの一種なので、私たちの国ではあまり人気がないんです。でも多分、母国に戻った時には物凄く注目されるでしょうね」

 また金星ラッシュのきっかけとなったのは、初戦のルイザ・チリコ(米国)戦だという。この試合はフルセットの末に世界ランク128位を撃破した。

「私が今大会に臨んだとき、決勝進出を期待していませんでした。しかし厳しい展開となった初戦を勝ったことで自信が生まれました。それからは、すべての試合でより良いプレーができて、私も自信をつけていますし、とてもうまくいっていると思います」

 初優勝をかけた決勝の相手は、2014年大会で準優勝しているシモナ・ハレプ(ルーマニア)。34年前の決勝ではノーシードのヤウソベッツは女王クリス・エバートに決勝で敗れたが、オスタペンコは赤土のシンデレラストーリーを栄冠で飾ることはできるか。