血液型【愛情表現の仕方】あるある A型は好きな人に視線を送り続ける!

写真拡大

 好きな人ができたら、両思いになりたいですよね。それには、まず自分の気持ちをどうにかして相手に伝えなくてはいけません。では、あなたはどんな風に愛情を示すのでしょうか。愛情表現の仕方を血液型別にみていきましょう。

■A型……視線を送り続ける
 臆病なA型は、好きな相手ができても、自分をどう思っているのか心配で、なかなか気持ちを示すことができません。ただ、相手のことが気になって仕方がないので、姿を見かけたらじっと見てしまいます。相手が気づいてくれることを期待して、視線を送り続けるでしょう。それが奥手なA型の、せいいっぱいの愛情表現。もし相手と目が合ったら、A型の顔は真っ赤に。それでようやく、好意に気づいてもらえるかもしれません。

■B型……「好き」とストレートに言う
 素直で大胆なB型は、誰かを好きになったら、ストレートに「好きです」と伝えます。まわりくどい言い方をしたり、駆け引きのようなことはしません。そのため、相手が気持ちに気づいてくれなかったり、誤解をされることはないでしょう。そして、気持ちを伝えたら、後は相手が返事をくれるのをじっと待ちます。返事を急かしたり、しつこくせまるようなことはしないでしょう。

■O型……自分の秘密を打ち明ける
 コミュニケーション上手なO型。好きな相手には、たくさん話しかけて親密になろうとします。相手と何度か会話を重ね、だんだん打ち解けてきたら、自分の弱みや悩みなどを話してみるでしょう。「ほかの人には内緒にしてほしいんだけど……」と前置きをして、相手を特別な存在だと思っていることをアピール。その後、相手の恋愛観を聞いてみるなどして、徐々に恋愛モードに持っていくでしょう。

■AB型……マメにメールやLINEをする
 シャイで寡黙なAB型。好きな相手にストレートに、愛情を表現することはなかなかできません。けれど、相手の顔が見えないメールやLINEでなら、大胆になれるのです。相手のどんなところをいいと思っているのか、どんなデートがしたいのかなどを、文章でしっかり伝えます。ハートの絵文字やスタンプをたくさん添えて、好意を持っていることを、相手にわかってもらおうとするでしょう。

 いくら愛情を表現しても、相手に伝わらなくては意味がありません。自分の気持ちがきちんと伝わっているのかどうか、ハッキリ確かめる勇気も必要です。
(紅たき)※画像出典/shutterstock