【ソウル聯合ニュース】9日の韓国株式市場で、総合株価指数(KOSPI)は外国人と機関投資家の買いを背景に終値が前日比18.12ポイント(0.77%)高の2381.69と、今月2日に記録した終値最高値(2371.72)を4営業日ぶりに更新した。

 この日は一時2385.15まで上昇し、今月5日に記録した取引時間中の最高値(2376.83)も3営業日ぶりに更新した。
 先月10日に発足した文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する期待感もあり、KOSPIはこのところ高値圏で推移している。
tnak51@yna.co.kr