中国初の宇宙飛行士である楊利偉氏は、世界宇宙探査大会2017の席上で、「中国の宇宙実験室任務の順調な遂行に伴い、中国有人宇宙ステーションプロジェクトが全面的に始動した。中国有人宇宙ステーションは、2022年頃に軌道上で組立を終え稼働開始し、大規模な宇宙科学実験・技術試験を展開する予定だ」と話した。北京日報が伝えた。

楊氏によると、中国の宇宙ステーションの基本構造には、コアモジュールと2つの実験モジュールが含まれ、左右対称のT字型となる。軌道の傾斜角は42度、高度は340-450キロで、設計上の耐用期間は10年。定員は3人で、乗組員の交代時は最多で6人。乗組員の軌道上の任務遂行期間は通常半年となる。

楊氏によると、中国の宇宙ステーションのコアモジュールと2つの実験モジュールには、世界基準の科学実験棚が設置され、各種宇宙科学実験を行うことができる。これには主に宇宙生命科学・生物技術、微小重力流体物理・燃焼科学、宇宙材料科学、微小重力基礎物理などが含まれる。また口径2メートルの宇宙天文望遠鏡を開発し、打ち上げることで、大規模・多色イメージング、切れ目なきスカイサーベイを行い、最先端の宇宙・物理科学に観測データを提供する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)