画像提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは9日、ダブルチューナーを搭載しUSB HDDでの裏番組録画が可能な液晶テレビ「VIERA E300」シリーズを発表した。24V型の「TH-24E300」と19V型の「TH-19E300」を用意する。8月25日より発売し、価格はオープン。推定市場価格は、TH-24E300が45,000円、TH-19E300が38,000円(いずれも税別)。E300シリーズは、49V型、43V型、32V型がすでに発表されている。

○TH-24E300

TH-24E300は、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2基内蔵する24型液晶テレビ。USB HDD(別売り)への裏番組録画が可能で、番組表を使っての予約録画も行える。USB HDDは8台まで登録可能で、録画した番組はLAN経由で接続しているDIGAにダビングできる。

「お部屋ジャンプリンク」にも対応しており、ネットワーク接続することで別の部屋のDIGAやVIERA(サーバー機能搭載)で録画した番組も楽しめる。また、「放送転送機能」のあるDIGAやVIERAから転送された放送番組の追っかけ再生を受信することで、アンテナ線がない部屋でもほぼリアルタイムでテレビ放送を視聴可能。

画素数は1,366×768ドットで、視野角の広いIPS液晶パネルを搭載。ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)をサポートしており、ARC対応のホームシアターを接続することで、迫力ある音と映像を味わえる。スピーカーは3W+3Wのフルレンジ×2基を内蔵。

映像入力インタフェースはHDMI×2系統、ビデオ入力×1系統。ヘッドホン/イヤホン端子、有線LAN、USB端子なども装備する。本体サイズはW562×D180×H409mm、重量は約5kg(スタンドあり)。

○TH-19E300

TH-19E300は、画面サイズが19型のモデル。本体サイズはW440×D163×H322mm、重量は3.0kg(スタンドあり)で、そのほかの基本仕様や機能はほぼ共通となっている。