額賀氏らとの会談であいさつする丁議長(国会報道官室提供)=9日、東京(聯合ニュース)

写真拡大

【東京聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)国会議長は日本訪問最終日の9日、超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相らと会談した。

 丁議長は東京都内のホテルで額賀会長ら日本の議員団と会談し、「(今回の日本訪問で)韓日が未来志向的で成熟した協力・戦略的パートナー関係で進むことに互いに共感したと感じた」と述べた。
 また、「韓日議会間の対話と協力においては、両国の韓日・日韓議員連盟が中枢的な役割を担ってきた。これからもそのようにしなければならない」と強調し、「新しい韓日関係は明るいものになるのではないかと期待する」と伝えた。
 これに対し額賀会長は、韓国の新政権の誕生を喜ばしく思うとした上で、安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2回の電話会談を行い、文喜相(ムン・ヒサン)議員が特使として日本を訪問するなど、未来志向的な会談によって非常に良い出発をすることができたと応じた。
 また、これまでも難しい問題と課題に対して相互に正直に話し合い、前向きに努力して問題を解決してみせた長い歴史を持っているとして、両国の将来を見越して未来に向けて進めるように心から願うと強調した。
 丁議長は7日から3日間の日程で日本を訪問し、安倍首相、大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長らと会談を行い、両国の関係発展について議論した。
ynhrm@yna.co.kr