教育学者の齋藤孝氏と共に

写真拡大

 メル・ギブソンが監督を務め、第89回アカデミー賞で編集賞と録音賞に輝いた「ハクソー・リッジ」のトークイベントが6月8日、都内で行われ、教育学者の齋藤孝氏とフリーアナウンサーの枡田絵里奈が参加した。

 第2次世界大戦下の激戦地、沖縄・前田高地(米国での総称ハクソー・リッジ)で、武器を持たずに75人の命を救った実在の米軍衛生兵デズモンド・ドスの軌跡を描く。「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールドがドス役を務め、第89回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。

 齋藤氏は、本作のテーマを「信念の力」といい「信念を持った人間は流されない。時代には空気があって、どうしても流されそうになるけど、ドスのように信念を持った人間がいると彼らが定点になって踏みとどまることができる。信念の力が人を動かし、周りの目を変えていくんです」と考察する。映画では、衛生兵を志願して入隊したドスが周囲から「臆病者」となじられ、暴行を受け、果ては軍法会議にかけられるシーンも描かれるが「敵の前に軍内で戦わないといけない。軍法会議が見どころですね。思想論調と規律がぶつかり合う」と語った。

 枡田も同調し「主人公の信念を持つことをあきらめない強さを感じました。人を殺すための武器はもちろん、自分を守る武器すら持たないのは驚きでした。その状態で、あそこ(ハクソー・リッジ)に乗り込んで前へ進んでいくのは想像を絶する」と常人離れしたドスの精神力に圧倒されたという。ドスと妻ドロシー(テリーサ・パーマー)の関係性にも注目し「ドスの背中を押すドロシーの強さに感銘を受けました。生きて帰ってくるのが奇跡だと知りながらも送り出す。見ていて胸が詰まりました。(自分だったら)決して送り出せないですよね……」と悲痛な表情で語った。

 齋藤氏は、本作から得られる“学び”として「現代は大変な時代。テロ事件や北朝鮮問題があり、やられたらやり返すというような報復的な思いが生まれてしまう。静かな気持ちを持っていることが大事だと思います。本作でも、周囲が戦闘しているなかドスの心だけが静か。平和を保ち続ける精神の一貫性を感じ取ってほしい」と呼びかけた。

 「ハクソー・リッジ」は、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシー、「マトリックス」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのヒューゴ・ウィービングらが脇を固める。6月24日から全国公開。