トーレスと“同期”の玉乃淳「当時の僕は久保建英より上だった(笑)」《Foot!Meeting》

写真拡大 (全2枚)

▽国内唯一のデイリーサッカーニュースであるJ SPORTSの人気番組『Foot!』。毎年恒例となっている『Foot!Meeting』の公開収録が6日に東京・大崎駅近くのスポーツバーである『THE FooTNiK Osaki』で行われ、出演者たちが様々な話題でフットボール談議に花を咲かせた。

▽今回の出演者は、『Foot! WEDNESDAY』でお馴染みの下田恒幸MCとお笑い芸人のワッキー、そしてユーモラスな解説が人気の玉乃淳氏の3名。約80人の公開収録参加者の前で、約1時間30分にわたって笑いの絶えないトークを繰り広げた。

▽現役時代、早くからその才能が評価され、アトレティコ・マドリーのユースに所属していた玉乃氏。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスと“同期”だったユース時代や、将来を嘱望されていた当時の自身のことについて、冗談を交えながら会場を沸かせた。(※以下敬称略)

(C)CWS Brains,LTD.
下田「玉乃くんは、フェルナンド・トーレスと同期でしょ? で、イニエスタとも同期でしょ? 」

玉乃「まぁタメですね(笑)。“オナコウ”(=同じ高校)ですよ(笑)」

下田「で、ガビが1コ上でしょ? あのへんの連中とやってたわけですよね。14、15歳のときですか」

玉乃「14、15、16、17歳ぐらいまでですね」

下田「(現地の選手はその年齢ですでに日本人と)メンタリティの差みたいなものはある? 目標感が日本人とは違うとか」

玉乃「トップが身近なようで物凄く遠いというのは感じていました。でも常にトップを夢見て、平日は学校さぼってトップチームの練習を見に行ったりとか。何が何でもトップに行きたいという思いは感じましたね」

▽玉乃氏は、現在日本サッカー界で注目されているFW久保建英(FC東京U-18)についても触れ、「当時の僕の方が上だった(笑)」と冗談交じり? に語り、会場を沸かせた。

ワッキー「当時はイニエスタよりも上手かったって?」

玉乃「(少し焦りながら)イニエスタよりも上手かったんですけど(笑)」

下田「ウソつけ!(笑)」

玉乃「いや、本当に(笑)。でも、イニエスタ級の選手がゴロゴロといるわけですよ。その中でもイニエスタとトーレスは違いましたけど」

ワッキー「やっぱり14、15歳ぐらいでもイニエスタは凄かったの? 」

玉乃「イニエスタは別格でしたね」

下田「え? 自分じゃなくて?(笑)」

玉乃「僕かイニエスタですね(笑)」

ワッキー「ひかないね(笑)。(観客席に向けて)みんな玉乃淳の経歴知ってます? 14歳でアトレティコで、3年間(現地で)学校行ったわけでしょ? 言ったら久保くんみたいなもんでしょ」

下田「当時の日本のサッカーメディアや専門誌とかでは結構、“玉乃淳・神童”みたいな感じで言われてたよね。今は久保建英がそう言われているけど。“神童歴あり”の玉乃くんから見て、ぶっちゃけ久保君どうですか?」

玉乃「『久保くんに対する発言は慎重に』と言われていますが、今日はスペシャルデーなので…。本当に、久保くんより僕の方が上手かったです(笑)」

玉乃「今後のポテンシャルという意味では、(久保は)170cm、63kgなんで。僕は当時53kgしかなかったんで。そういう面では全然、僕より期待ができますよ。トップでも戦える体重をお持ちなので。僕と比較しては失礼。僕は少年の中での神童でしたので(笑)」

ワッキー「久保はもう1つ上のカテゴリーでやっていて神童と言われている」

玉乃「ボクシングで言ったらライト級の選手はヘビー級の選手に勝てない。でも、タイソンと戦えるだけのポテンシャルを(久保は)秘めているのではないかと思うので。これからは、玉乃の“タ”の字もでないぐらい活躍してほしいですね!」

▽そのほか、今回の『Foot!Meeting 2017』では、「U-20ワールドカップの日本代表」、「ACLでの浦和レッズに関するワッキーの裏話」、「チャンピオンズリーグ決勝のレビュー」「Foot! WEDNESDAYのベストイレブン企画」などをテーマに、3人が絶妙な掛け合いで会場を盛り上げた。

▽フットボールファンにとって楽しめるはずの内容になっている『Foot!Meeting 2017』。初回の放送予定日は6月9日の午後10時からなので、是非ともご覧いただきたい。

◆Foot!Meeting 2017初回放送

▽6月9日(金)

午後10:00〜午後11:00

(J SPORTS 2)