Blackmagic Design製品事例:GaribaldiウォッチCMの場合

写真拡大 (全2枚)

Blackmagic Designの発表によると、上海に拠点を置くプロダクションスタジオLuminary Visuals Studioが、URSA Mini 4.6KカメラおよびDaVinci Resolve Studioを使用して、デニムスタイルの腕時計メーカーであるGaribaldiウォッチのCMを制作したという。同社は以前、Garibaldiウォッチの開始キャンペーンも手がけていた。Luminary Visuals Studioのクリエイティブ・ディレクターであるアレッシオ・アヴェッツァーノ氏は次のようにコメントしている。

アヴェッツァーノ氏:ブランドの多様性、そしてGaribaldiウォッチがいかにあらゆるスタイルや職業とマッチするかを紹介して欲しいと依頼されました。私は早い段階で、シネマライクな作品を作ることを決めていました。そしてこのプロジェクトで、新しい編集テクニックを試してみようと思っていました。

アヴェッツァーノ氏が試したテクニックとは、腕時計のクローズアップと、視聴者が腕時計をしている人の全身を確認可能なロングショットを切り替えるズームエフェクトで、このエフェクトはCM内で多用された。ズームエフェクトを作成するためには2台のカメラが必要だったという。

アヴェッツァーノ氏:予算は非常に限られていたのですが、私たちはハイエンドの作品を仕上げたいと思っていました。URSA Mini 4.6Kはとてもエキサイティングなカメラです。このCMのズームエフェクト用に、予算内で2台のカメラを借りることができました。

同氏は、2台のURSA Mini 4.6Kカメラを横に並べて設置し、焦点距離を1台は35mmに、もう1台は85mmに設定した。撮影では、アヴェッツァーノ氏が焦点距離100mmの腕時計のマクロショットを撮るために走って駆け寄っている間、俳優はしばらく停止している必要があった。また、同CMはProRes 422で収録された。

アヴェッツァーノ氏:URSA Mini 4.6KはRAWやその他のProResフォーマットなど、様々な高品質フォーマットで収録できます。イメージのディテールを損なわずにズームインの編集をしたかったので、4.6K ProRes 422フォーマットは、このプロジェクトにぴったりだったんです。実際、最近では2K Prores 444で撮影することが多いのですが、それでも信じられないほどの画質が得られます。

11ヶ所の撮影現場を回り、すべてのショットを1日で撮る必要があったので、朝6時から日没まで上海中を慌ただしく移動していました。URSA Mini 4.6Kカメラは非常にコンパクトなので、問題なくスピーディに移動できました。

同CMのカラーコレクションは、DaVinci Resolve Studioを使用して行われた。

アヴェッツァーノ氏:URSA Mini 4.6KとDaVinci Resolveは、最高のコンビネーションですね。非常にシームレスに作業できました!GaribaldiウォッチのプロジェクトでURSA Mini 4.6Kカメラを使用してから、そのカラーサイエンスとシネマライクなルックがすっかり気に入ってしまいました。

これまでは、非常に高価なカメラを所有しており、プロジェクトによってはさらに大きなカメラをレンタルしていたのですが、URSA Mini 4.6Kは非常に素晴らしい投資になるでしょう。現在私はURSA Mini 4.6Kを所有していますが、この低価格のカメラでもハイエンドの画が撮れるため、以前ほど頻繁に大型カメラをレンタルする必要がなくなりました。