すみれハリウッド映画デビュー作『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』9月公開へ

写真拡大

 すみれのハリウッド映画デビュー作『The Shack』が、『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』の邦題で9月9日に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

参考:動画はこちら

 本作は、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リストで70週連続No.1に輝いたロングセラー小説を映画化したもの。キャンプ中の誘拐により愛娘ミッシーを失い、絶望の淵を彷徨う父マックのもとに、ある日「あの小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届いたことにより、想像を遥かに超える出来事が巻き起こる模様を描く。

 主人公マックを『アバター』のサム・ワーシントンが演じるほか、『ドリーム 私たちのアポロ計画』のオクタヴィア・スペンサー、イスラエル出身俳優アヴラハム・アヴィヴ・アラッシュ、本作がハリウッド映画デビューとなるすみれが出演する。『エグザム』のスチュアート・ヘーゼルディンが監督を務めた。

 ポスタービジュアルには、娘を優しく見守るマックと3人の男女が、それぞれ慈愛に満ちた眼差しでどこかを見つめている表情が写し出されている。一方の予告編では、娘を失い幸せの絶頂から奈落の底に突き落とされた父親マックが、不思議な男女3人と出会い、人生が想像を超えた方向に向かい出す様が描かれている。(リアルサウンド編集部)