9日、中国紙・科技日報は日立製作所のエレベーターが世界最速を達成したと伝えた。写真はエレベーター。

写真拡大

2017年6月9日、中国紙・科技日報は日立製作所のエレベーターが世界最速を達成したと伝えた。

先日、日立製作所は、超高速エレベーターの速度試験で分速1260メートルを計測したと発表した。これは世界一の速度となる。このエレベーターは、広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」向けに納入するためのものだという。

これまでは、三菱電機が2016年7月に上海市の中国最高層ビル「上海中心大厦」に納入したエレベーターが世界最高速で、分速1230メートルだった。

記事は、日本のエレベーター業界が発展しているのは、中国の不動産業の発展と密接な関係があると分析。その他の業界同様、中国のエレベーターと日本のエレベーターの差は、主にブランド力とハイエンド製品にあると指摘した。(翻訳・編集/山中)