北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は8日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国のティラーソン国務長官を糾弾した。

報道官は、「去る6日、ニュージーランドを訪問した米国務長官のティラーソンが共同記者会見なるものですべての国がわれわれが核兵器開発計画に関連する戦略を再考慮するように圧迫に加勢しろと言いふらした」と指摘した。

つづけて、「ティラーソンの今回の妄言は、米内外でいっそう高まる自分らの対朝鮮政策に対する非難をうやむやにし、われわれに対する国際的な圧迫策動に執着し続けようとする窮余の策にすぎない」と述べた。

また、「米国が強権と専横に振るって他国に一方的に自分らの意思を押し付けていた時代はすでに過ぎ去り、力の弱い国だけを選んで篭絡するアメリカ式虚勢はわれわれには絶対に通じない」と主張した。

さらに、「米国は自分らの軍事的圧力や制裁圧迫騒動がむしろ、われわれを核戦力強化へいっそう進ませる原動力になっているということを銘記すべきである」と強調した。