8日、韓国・ニュース1によると、韓国の丁世均国会議長が安倍晋三首相と会談、両国の未来志向的な協力を通じパートナー関係を進めていく方針を共有した。写真は韓国の元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」の展示。

写真拡大

2017年6月8日、韓国・ニュース1によると、韓国の丁世均(チョン・セギュン)国会議長が安倍晋三首相と会談、両国の未来志向的な協力を通じパートナー関係を進めていく方針を共有した。

8日、首相官邸を表敬訪問した丁国会議長に対し安倍首相は「日本訪問を心より歓迎したい」と述べ、文在寅(ムン・ジェイン)新政権との間で「未来志向の新しい日韓関係を築いていきたい」とした。これに対し丁氏は「安倍首相の言葉通り、北朝鮮の核などの懸案事項について、日韓関係が非常に重要であると考えている」とし、「最近の困難を乗り越え、協力して未来志向の協力関係構築を期待する」と応じた。

その後の非公開会談の後、丁氏は記者団に対し「今まで中断していた両国間の首脳会談やシャトル外交も早々に正常化するということで一致した」と会談の成果を説明、また安倍首相から「両国の経済協力、人的交流、文化交流を活発にしていこう」「来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪と2020年の東京五輪の成功に向け両国が協力すべきことがあればしよう」との話があったと説明した。

報道によると、両国間の懸案となっている慰安婦問題や2015年末の日韓合意に関連した発言は双方から出なかったという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「日本との付き合いは、リップサービス程度にしておいた方がいい」「日本との信頼関係を構築するのは無理」「反省のない未来は、過去の繰り返しだ」「なぜ慰安婦と独島(日本名:竹島)の問題を持ち出さなかった?」「日本の顔色をうかがって何も言えなかったのか?」など、融和的内容で終始した今回の会談に不満の声が多く寄せられた。

その一方で、「過去4年間、朴槿恵(パク・クネ)は、前政権の対日外交の誤りを引き継ぎ、父親の親日論議にとらわれて何もできなかった。今回はそれを繰り返してはならない」と、日韓関係改善への期待をうかがわせる意見もみられた。

また、「おそらく文在寅政権は日本に融和的な政権になるだろう。慰安婦問題は選挙のために利用されただけだ」「最初は融和ムードでスタート、盧武鉉(ノ・ムヒョン)の時と全く同じだ」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)