ソウル路と旧ソウル駅舎の夜景

写真拡大

旧市街の新しい顔、ソウル路(seoullo)7017

“韓流”以降の日本の旅行者にとっては、ソウル駅=ロッテマート(駅に隣接する、おみやげを買うのに便利な大型スーパー)だったかもしれない。どちらかというと通り過ぎる場所だった。

【写真11枚】ソウル新名所の注目グルメをじっくり見る

そんなソウル駅周辺に空中散歩を楽しめる大規模な遊歩道が完成した。

その名も「ソウル路(seoullo)7017」。1970年に建設された高架道路を全面改修し、2017年に再生されたことからこう名付けられた。

ソウル路は旧ソウル駅舎の西側にある万里洞(マンリドン)と、東側の地下鉄4号線「会賢(フェヒョン)」駅を結ぶ、全長約1キロの高架遊歩道だ。

高架路からは、90年以上の歴史がある旧ソウル駅舎や崇礼門(南大門)の偉容、復元された朝鮮王朝時代の城郭などが一望でき、夜は韓国の人気ドラマ『ミセン』の撮影地でもあるソウルスクエアビル壁面の巨大メディアアートに圧倒される。

遊歩道には多くの植物が配され、その植物や歩行者のためにミストシャワーが設けられている。

さらに、トランポリンなどの遊具、記念品を販売するショップやカフェ、観光案内所、地上と遊歩道を結ぶエレベーターなども設置され、幅広い年齢層が空中散歩を楽しめるようになっている。

今回は散歩の途中で味わえる、ソウル路とその周辺の美味しくてヘルシーな食べ物をいくつか紹介しよう。

ミシュラン・シェフの創作ビビンパ

ソウル路の西側にできた万里洞広場には、「7017ソウル花飯(ファバン)」と名付けられたファストフード感覚のレストランがオープンしている。

ここではミシュランの星を獲得したキム・フニ氏をはじめとするスターシェフたちがプロデュースした料理が食べられる。

看板は“花飯”の名にふさわしいビビンパ。おすすめはヘルシーで値段も手ごろな山菜ナムルビビンパだ。

ビビンパで有名な全州や晋州で見られるカラフルなものとちがって、ほぼ緑一色だが、野菜ごとに生、干し、揚げなど変化に富んだ調理がされているため、あきずに楽しめる。

焼肉や鍋などボリュームのある料理が続きがちな韓国旅行の、いいアクセントになるだろう。翌日の肌やおなかの調子も楽しみだ。

7017ソウル花飯(ファバン)
中区南大門路5街281
11:30〜22:00 無休

白ワインと豚肉とキムチのマリアージュ

万里洞広場に面した通りの向こう側には、近代建築を生かした重厚な外観のレストラン「VERY KITCHEN」が、通りがかる人々の視線を集めている。

ソウル路のデザイナーがプロデュースしたこの店では、さまざまなメニューを開発中だが、おもしろいのは見た目がロールキャベツ風のキムチチム。

発酵が進んで酸味の出たキムチと豚肉をやわらかく煮込んだおなじみの料理だが、ここでは白ワインを加えて煮込んでいるのが特徴だ。

熟成キムチの濃厚な発酵味と豚肉の旨味に、白ワインの清涼感が加わった、大人っぽい味。韓国料理の概念を守り過ぎず、それでいて逸脱し過ぎてもいない絶妙なバランスを感じさせる一品だ。

VERY KITCHEN
中区万里峙路205
18:00〜23:00 日曜休

散策のお供に、どんぐりの形のおやつ

ソウル路ではおしゃべりをしたり、景色を眺めたり、写真を撮ったりしながらゆっくり歩けば、1時間くらいはあっという間だ。

そんな散策のお供にぴったりなのが、ソウル路のために独自に開発されたスイーツ、トトリ・プルパン。

トトリは韓国語でどんぐりのこと。文字通り、どんぐりを模したお菓子で、日本の人形焼きや韓国の高速道路サービスエリアでおなじみのくるみ菓子(ホドゥクァジャ)に似ている。

中にはほどよい甘さのカスタードクリームが入っている。小さくてポイポイ口に放り込めるので、歩きながら食べるのに最適だ。

トトリ・プルパン
中区南大門路5街281(7017ソウル花飯の近く)
11:00〜22:00 無休

ソウル路の東の起点、南大門市場で買い食いしたいお焼き

右手に旧ソウル駅舎を見ながらソウル路をしばらく歩き、陸橋の下をくぐると会賢駅5番出口が見えてくる。

その左手には南大門市場が広がっている。

散歩に疲れ、ちょっとおなかが空いたけれど、食事にはまだ早い。

そんなときは市場で買い食いを楽しみたいもの。小腹は満たしたいけれど、満腹にはなりたくないときにぴったりなのが南大門市場名物の野菜(ヤチェ)ホットッ。

ふつうのホットッは、小麦粉やもち米粉、トウモロコシ粉や緑豆粉などでつくった生地の中に甘い蜜を入れたものを、鉄板で揚げるように焼いたものだが、野菜ホットッには春雨や刻みネギ、ニンジンなどが入っている。

あつあつの生地をかじると少々脂っこく感じるが、具の春雨や野菜と口中で混ざり合うとちょうどいい加減になる。けっこうボリュームがあるので、2人でひとつが適量かもしれない。

※「ソウル路7017」散策では、日本語のボランティアガイドが同行する徒歩ツアーも利用できる。要予約で最大10人まで申し込み可能。